画像: たまにはちがうもの。(麹町 ソラノイロ)ケールを使ったラーメン。

たまにはちがうもの。(麹町 ソラノイロ)ケールを使ったラーメン。

カレーじゃないものもたべております。
最近カレーじゃないものを意識して食べる事が多いです。
カレーばかり食べる人として認知されておりますが、料理手法、素材、スパイス、その他多くの要素において、世界の料理は水面のそのまた下の水底の土のまた奥底で睡蓮の根のようにつながっている。当たり前ですがそういう思いが強くある最近です。
それで糸色とわからなかった事が理解できたり勉強になる事が多いです。
さて、この日はたべあるキングのラーメン担当、本谷亜紀ちゃんから聞いた、麹町にあるラーメン店、
「ソラノイロ」
へ。
期間限定でオイシックスのクセを押さえた高品質のケールを使ったラーメンがある、との事。これがね、おもしろかったなあ。
ソラノイロさんはモダンなラーメン店です。おおよそ昔のラーメン店という既成概念では理解しがたいスタイルとコンセプトでやってらっしゃる。女性が一人で気軽に食べられる、をコンセプトにしていてそれちゃんと実現出来ています。とても素晴らしい事です。
また、メニューにベジソバと呼ばれる麺、スープ、具材にいたるまで野菜を使う事にこだわったものを独自開発したりビーガンの人の食べられるものをメニューにあげるなど価値のある取り組みもしていらっしゃる。大変気になるお店です。
さて、たべたのは期間、数量限定のラーメン、
「ソラへ かがやケール」
という名前。
オイシックスのスペシャルメイドのケールを使った一杯です。
ケールは青汁でもおなじみのカンランという葉もの野菜です。「まずい~もう一杯!」のあのキャッチコピーが耳から離れず、苦いのね、まずいのね、の印象がある方も多いと思います。栄養価が高くスーパーフードの異名も持つ野菜ですが、いかんせん青臭く苦いというイメージが強かった。ところが、、、というオイシックスのケールを使ったソバ、たのみました。
翠、と書きたくなる緑色の麺が美しいこの一杯。
その麺の上にケールのペーストが敷かれています。これが驚いた。えぐみ、苦味のないスムーズなものでした。うん、これ全然クセがないぞ。スープは魚介と野菜出汁なのだそうです。滋味深くコンソメスープを野菜のエキスでより印象的にしたような感じで、あっさりした舌離れいい味わい。おいしいです。
コロッケがのっているのですがこれもまた素晴らしいんですよ。クリームコロッケのような感じなのだけど外の皮がパン粉ではなくじゃがいもなのだそう。なるほど面白い。中から出てくる鶏肉と山芋の食感も楽しいし。スープに浸してもよく合っていていいですね、これ。
トマト、マッシュルームのトッピングも上手にマッチしていて好印象。
で、ケールが何かわからない人にもトッピングで数枚、フレッシュが載っているのが親切だし楽しくていいよね。不思議なくらいえぐみや癖が押されられていて、これなら、という人も多いはず。
それと茹でキャベツの上の塩昆布がいい塩梅でよかったな。
どこかにクミン様なスパイスを感じてこれも楽しかったです。
バランスも良い印象的な一杯でした。
古くさいラーメンしか知らないボクにとってはとても新鮮でこういうアプローチがあるのか、と大変面白かったですよ。
ボクがラーメン店を苦手になり、敬遠してきた大きな理由のひとつ「大将、従業員が意味もなく態度悪くえばっている、大将の意向のもとルールが決められそれを掟のように守らねばならない牢獄のような場所でそれにへつらうラーメンマニア」という印象。バカだねえ、と思われる方もいらっしゃるでしょうがそういう店が多くあった時代、もしくはそういうイメージをメディアがおもしろおかしく拡大させて作り上げていた時代があって、その頃少しラーメンに興味がでて、イヤな思いをして、遠ざかったということがありました。
時代は変わってきてほっとしています。
快適でいいお店でした。
*** おしらせ ***
<西荻窪 旅の本屋のまど 「カレーの本」出版記念トークショー>
トーク&カレーイベント
「カレーを巡る冒険 ~世界から日本まで」
2016年2月10日(水) 19:30~(19:00開場)
ブログ記事 http://blogs.yahoo.co.jp/hapii3/64323112.html
*トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。
*会場にて新刊『カレーの本』をはじめカレー関連の書籍を販売します!
お申込みはコチラから
旅の本屋のまど <info@nomad-books.co.jp>
(お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
【参加費】1500円
(巣鴨ネパール料理店「プルジャダイニング」特製カレー付き)
※当日、会場入口にてお支払い下さい
【会場】旅の本屋のまど店内
東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1階
【申込み・問い合わせ】
お電話、ファックス、e-mail、店頭にてお申し込みください。
TEL&FAX:03-5310-2627 e-mail :info@nomad-books.co.jp
(お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
※定員になり次第締め切らせていただきます。
主催:旅の本屋のまど
協力:笠倉出版
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
活動内容等の各種Linkはこちら
http://about.me/hapi3
ご連絡、お仕事のご用命等は
iizka3@gmail.com (@を小文字にて)
Youtubeチャンネル
http://www.youtube.com/user/iizka3
いつもんログ
http://hapi3s.blogspot.jp/
http://www.tabearuking.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

rdsig.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.