画像: 星付きのフランス料理 LE MOMENT(ルモマン)で女子会@都立大学

星付きのフランス料理 LE MOMENT(ルモマン)で女子会@都立大学

どうも!
食べ歩きばかりしている姫です。
先日、『白金台こばやし』の女将と一緒に、
星付きのフランス料理店に行ってまいりました。
トゥ
外観
場所は、都立大学駅から徒歩約6分、パーシモンホールのすぐ側にあります。
シェフは、レストラン『タテル ヨシノ 芝』 出身の方で、
2010年にシェフが在任中にミシュランガイド東京の2つ星を獲得し、
こちら『LE MOMENT(ルモマン)』は、2015年4月にオープンして
1年以内に「ミシュランガイド東京2016」1つ星を獲得してます。
ディナーコース料理は、6,500円と12,000円 (両方、税・サービス料別、)があり、
前者のデキュスタシオンコースにしました。
乾杯写真とエティエンヌ・ルフレーヴル
ワインは、お料理に合わせてペアリング4種5500円(税別)をお願いしました。
こちらのワインリストには、フランスワインもありますが、料理に合う新潮流スペインワインもありました。
まずは、お着物姿が素敵な女将とシャンパンで乾杯です。
お休みが少ない女将と、貴重な時間を楽しめそうです!
食前のお楽しみ1と自家製パン
グジェールは、一口サイズのシューを出すお店が多いけれど、
こちらのは、パンと同じくらい大きいです。
グリュイエールチーズ風味で中は空洞でちぎりやすい薄皮生地でした。
パンまで自家製で初めから感動しました。
食前のお楽しみ2
蕪のブランマンジェとピューレその下には、手長海老のマリネと甲殻類のジュレが入っていました。
白い部分はカリフラワーでも合いそうですが、旬の蕪を活かしており、
味も海老とのバランス的にぴったりでした。
フロール・ド・ヴュルツトラミネール 2013
香りが華やかで豊かな果実味があるスペインの白ワインでした。
本日のアミューズ1
トリュフを浮かべた菊芋のスープです。
ジャガイモのビジソワーズよりもとろみがありました。
本日のアミューズ2
ガトーのように繊細な層になったこちらは、
鹿や鴨を使ったクラシカルなパテアンクルートジビエです。
香り高く濃厚なジビエに、添えられたピクルスがバランスよく感じました。
ぺドラ・デ・ギッシュ 2010
エレガントなスペインの白ワインです。
高級なのがすっと出てきて驚きました。
洋梨のコンポートのようにとろんとした品の良い甘味がありました。
お魚料理
オーブンでゆっくり火を入れた鰆です。
肉厚な鰆に、ブロッコリーのソースとレモンの泡をつけると、
爽やかな余韻となりました。
トロジャ・ビ・ディ・ビラ 2011
ぺドラ・デ・ギッシュと同じテロワール“アル・リミット”のワインですが、
よりエレガントな奥行きがありました。
お肉料理
キムラブラム♪
オーストラリア産仔羊のローストをペルシャード(パン粉焼き)仕立てにしてます。
パン粉をつける部分にピスタチオをたっぷりまぶしてました。
柔らかいお肉と側面の歯ごたえ2度楽しめました。
ガルニチュールのジャガイモのグラタンやキノコのソテーも大好物で至福でした。
デセール
ぺリゴール産の栗を使ったクレームブリュレ、
その上にはタヒチ産バニラアイスとココアのメレンゲが乗ってました。
デザートまで、素材にこだわり、盛り付けまで凝ってました。
お茶と小菓子
食後の飲み物は、コーヒーや紅茶も選択肢にありましたが、
今年の花粉は早く舞っているようで、そんな対策になりそうなべにふうき茶をいただきました。
そして、アーモンドギモーブと柑橘ピールと焼き菓子のミニャルディーズも付き、
最後まで嬉しい内容でした。
星付きでありながら、予想していたより価格がひかえめで、
スペインワインとのマリアージュまで楽しめて、大満足でした。
都立大 瞬間の感動が 数多あり ~姫心の俳句より~
お店の詳細は、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.