画像: 京都向日市 京都激辛商店街 加盟店 香月庵の梅昆布茶

京都向日市 京都激辛商店街 加盟店 香月庵の梅昆布茶

どうも!
激辛マニアの姫です。
今日は、祖父母のお墓参りをしに京都を訪れました。
京都は姫の生まれ故郷で
桂の方に縁があるのですが、
その前に早く着いたので、JR向日町駅に寄りました。
トゥ
からッキーのシンボル
JR向日町駅を降りたら出会った
ホットな街で活躍する激辛のキャラクターです。
こちら京都向日市は、京都激辛商店街があり、激辛で町おこしをしてます。
その経緯は、向日市は西日本で一番小さな市でした。
古くから良質な竹やタケノコの里として知られていました。
向日市を心から愛する有志が、タケノコを活かした町おこしができないかと考え、
PRのために竹馬で向日市から金沢まで270km歩いたり、
竹馬全国大会を開いたりと奮闘した結果、イベントは大成功。
ただし、あまりにもマニアックであったため、町おこしというほどの成果は得られませんでした。
そこで、激辛をテーマに5年以上今では50店舗を超える加盟店が増え、成長しました。
KARA-1グランプリ(日本一からいもの決定戦)など開催する街となりました。
そこでまずは、朝からやっている京都激辛商店街加盟に入りました。
トゥ
香月庵 外観
こちらは、筍農家を営まれているお店です。
京都・南西に位置する西山山系の麓、乙訓(おとくに)の地の「たけのこ」は、
時に江戸時代より約三百年の歴史があります。
創意工夫と農家の努力が全国に名の知れた「乙訓の筍」を育み、今では多くの方の食卓に季節感やおいしい笑顔を提供してます。
香月庵 内観
このように朝掘り筍から加工品まで品揃えてあり、筍がウリなことがわかります。
京の梅こぶ茶(イートインスペースはないので別途撮影)
筍だけでなく、こういったお茶もありました。
京都御所御用達の商品として人気があります。
昆布2枚にお湯を注ぐだけで昆布が良いお出汁のようになります。
からっキーの唐辛子入り梅こぶ茶(イートインスペースはないので別途撮影)
粉末の梅こぶ茶に少量の唐辛子を入れており、
昆布の旨味と唐辛子の辛味が癖になる味です。
和風パスタやチャーハンのちょい足し調味料としても活用できそうです。
破ギャー油
食べる辣油の激辛バージョンです。
ブート・ジョロキア入りでマニア好みです(笑)
この他、ギネスブックで激辛1位のキャロライナリーパー入りのが売り切れていたので、
他の店舗にもあたることにしました。
激辛商店街パンフレット
お店の親切な方からいただきました♪
スタンプ一ラリーをしていたので、印鑑を1個押していただき、
次の目的地に向かいました。
京都にて 激辛の街を 散策す ~姫心の俳句より~
お店の詳細は、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.