画像: 銀座の割烹に新旋風〜板前さんは全員女性「銀座つるとかめ」

銀座の割烹に新旋風〜板前さんは全員女性「銀座つるとかめ」

銀座「つるとかめ」http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13190265/銀座駅から徒歩3分。1月5日に開店したばかり。ここは希少価値がとても大きい割烹だ「銀座で女性板前が作る割烹料理」。そう文字にすると艶っぽさをイメージする。でも、違う。元気で笑顔でおいしいものがどんどん出て来て、皆が楽しめる。行くと何だか元気になれる割烹だ。※店内はカウンター15席、個室あり※帰る頃には、姉になった気分で「頑張ってね、また来るからね」って応援したくなる銀座の割烹でそう思うのは希少かつ貴重だそもそも板前さんが全員女性とは、日本中でも他には無いかしら。料理長の「ゆば子さん(画像)」は33才。彼女を筆頭に10人弱、1番若くて19才そんな彼女達の料理は大胆で柔軟だ板前が全員女性だと繊細さを期待しがちだが、良い意味で少し違うお料理は水菓子含めて8品コース。附出し「鮑と白魚、車海老、スッポンジュレ」から始まった大きな鮑が堂々と登場。あくまで良い意味で言うと、女性らしくない厚さっぷりじっくり煮込まれ柔らかい。その自信からこの厚さ大きさで出しているのだお椀は、たらば蟹の真丈甘めの風味と柚子のコントラストがいい器の遊び心も大胆だ。お造りには、陶器のお多福お面が重なって登場したお多福の大きさが分かるように持ち上げたけど、かなり重いーっ(笑)ぼたん海老も大きく甘い。味を活かす為しょう油は無し、海苔佃煮を絡め食べる強肴は毛蟹。おいしい旬の味。身もお味噌も一緒に頂く日本酒は、おちょこではなくグラスに受け皿の「盛りこぼし」で注がれる焼物は、石と霧吹きが用意されて、ペーパーをめくると、白子とからすみがドン ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.