画像: 町屋 手打ち蕎麦(そば)うじいえ

町屋 手打ち蕎麦(そば)うじいえ

どうも!
最近新年会ばかり行ってる姫です。
先日は、新年会として町屋にある素敵なお蕎麦屋さんに行ってまいりました。
トゥ
看板
町屋の閑静な住宅街にあります。
グルメな常連さんにお誘いいただき、カウンター席でお食事をする機会に恵まれました。
店主 氏家洋治氏
こちらの店主は、そば職人として30年以上の経験がある方です。
この日は、ちょうど蕎麦打ちをしている様子を見せていただきました。
一から仕込みをするのは大変でしょうが、こだわりを持って安心・安全で手作りのおいしさを日々研究されているようです。
銘酒の棚
お蕎麦屋さんといっても、
単品でお蕎麦だけを頼むというより、
こういった銘酒と合わせるのが粋なお店ですので、
この日は、おまかせコースを楽しむことにしました。
花泉 ZEロ万(ゼロマン) 純米吟醸酒 本生
甘味と酸味そして旨味のバランスが良いフレッシュな福島の日本酒でした。
牡蠣のお椀
上品な出汁にふっくらした牡蠣が1粒入ってました。
三つ葉と柚子の香りが爽やかに感じました。
前菜盛り合わせ
鯖の押し寿司、菜の花 からし酢味噌和え、熊本のばってんナスの味噌添えの3品でした。
押し寿司は、もっちりしたお米に肉厚な鯖がベストマッチしてました。
菜の花は、ほろ苦さをすっきりさせる辛味と酸味の和え方が程よく感じました。
ばってんナスは、生で食べられる程みずみずしさが印象的でした。
お刺身盛り合わせ
脂が乗った高級本マグロと、とろりとあまい甘海老の嬉しい組み合わせでした。
生牡蠣
かき☆ガールの姫の大好物再び登場!
岩手県の最南に位置する広田湾でとれた身がしまった牡蠣でした。
ザブトン
繊細なサシが入っていて柔らかく、
噛むほどに甘味が感じられました。
天ぷら盛り合わせ
車海老2尾とタラの芽、ふきのとうの天ぷらでした。
油は綿実油を使用し、やや薄衣で素材本来の味を引き立たせた揚げ上がりでした。
外一と柚切りせいろ
そば粉は、国内各地の蕎麦農家さんからと味風味の良いものを取り寄せているそうです。
蕎麦の香りと歯切れのいい食感を楽しめる外一、
綺麗な色を目で楽しみ秋の名残をしみじみ感じる柚子の蕎麦、
2種類それぞれの良さを楽しめました。
蕎麦つゆは、本節一本で取った出汁にかえしを合わせて寝かせたもので、
旨味の相乗効果が生まれ、風味そして味にも旨味しく響いてました。
だったんそば茶のプリン
有名店の料理人に愛されている卵特有の香りの癖がない「昔の味たまご」を使用し、
だったんそば茶を煮出して加えているので、香ばしさに癒されるプリンでした。
上からトッピングしたそばの実は、食感と風味両方豊かに感じました。
普段は、近所で休肝日にお蕎麦を食べることが多い姫にとって、
たまには、電車に乗って、こんなにお料理をたくさんいただきながらお酒を嗜み、
お蕎麦で〆るのも粋で良いなと思いました。
氏家氏の技が観られるカウンター席も素敵だけれども、
個室でしっぽり何人かで貸切るのも魅力的に思えるので、
また何人かで訪れたいです♪
お店の詳細は、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.