画像: ビブグルマン掲載店 コストパフォーマスが高い「焼鳥トリビアン」@浅草

ビブグルマン掲載店 コストパフォーマスが高い「焼鳥トリビアン」@浅草

どうも!
年始から初詣や食べ歩きで忙しい姫です。
先日、浅草の観音裏地区にある予約至難の焼鳥屋さんに行ってまいりました。
トゥ
外観
その名も「焼鳥トリビアン」♪
フランス語のトレビアン(とても素晴らしい)と鶏をかけているようですね。
店内に、ルクルーゼ鍋が置いてあったり、
オリーブオイルの容器や鶏の雑貨やワイングラスが飾られているあたり、
ヨーロッパ風な要素も入っているんですね。
そんな店主の出身は、焼鳥の超有名店なので、
もはや浅草にあらずともこちらに固定のお客様が根づいていることに納得します。
焼きの様子
ちょうど、備長炭で焼いている様子が見られるベストなカウンター席に座ることができました。
鶏肉は、山梨県北杜市にある中村農場から取り寄せた甲斐路軍鶏を使用してます。
単品では、希少部位やその日のおすすめの部位が食べられますが、
初訪問なので、コース料理にすることにしました。
2500円のおすすめコースと3500円のしっかりコースのうち、
量が多い後者にしました。
ボディエール・カヴァ
泡ものを600円でなみなみと嬉しいですよね♪
きめ細かい泡でやさしい口当たりだから、お料理に合わせやすかったです。
季節の前菜
(ちぢみほうれん草のおひたし、百合根の塩煮梅肉添え、柿白和え、皮の酢の物、手羽先のにこごり)
年明けならではの華やかさがあり、旬の食材も活かされてました。
皮や手羽先を始めに出すことで、良いお酒のおつまみにもなりました。
自家製レバーパテ
名物の一つです。
カリッと焼かれたバケットになめらかでコクがあるパテをたっぷりつけていただきました。
ファンがいることにうなづける濃厚な印象でした。
純米あらばしり五橋
限定ものに弱い姫は、850円という泡ものよりも高い価格に動じず、
飲んでみたい日本酒を飲みました。
山口県岩国市の酒井酒造のさっぱりとしてほんのり甘いお酒でした。
本日の焼き物8本
(わさびやき、レバー、きわ焼き、そり、つくね、山椒焼き、レンコン、椎茸、大根おろし、ネギマ)
パサつきが気にならない肉質の部位、
ぱつんとした焼き上がり、
肉厚なものはジューシーさがありつつ皮目はパリッとさせており、
野菜も織り交ぜていて、
次への期待が止まりませんでした。
自家製ドレッシング 有機野菜のサラダ
こってりした鶏肉の合間に野菜をはさむことで、
コースならではのめりはりを感じました。
鶏 スープ
滋味深いほっとする味で、
寒空の中お店を出る決心がつきました。
全体的に、明瞭会計だから、
浅草寺やスカイツリーとあわせて寄りたい名店だと心から思えました!
浅草で コスパに拝みたくなる 焼鳥店 ~姫心の俳句より~
お店のフェイスブックページは、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.