画像: エスコヤマ C.C.C.デギュスタシオンNo.5 2012

エスコヤマ C.C.C.デギュスタシオンNo.5 2012

スイーツレポーターちひろです。
訪問いただきありがとうございます。
フランスのパリで開催されたサロンデュショコラ2012で最高評価(5タブレット)を獲得したエスコヤマの「C.C.C.デギュスタシオンNo.5 2012」をご紹介いたします。
それでは、左側より順にご紹介いたします。
>>ちひろのレポートはこちらよりご確認ください♪
■No1.Laube(夜明け)
コロンビア産カカオを独自に熟成・媒染したフルーツのように究極のクーベルチュール
カカオの産地は、中米コロンビアのシエラネバダ山麓に広がるジャングル。そこで収穫されたトリニタリオ種を中心としたカカオ豆を、発酵状態を見極めながら、必要な空気量を微細に調節しつつ、6日間かけて熟成。「カカオはみずみずしいフルーツである」というイメージをリアルに表現しました。
カカオの酸味を残すため、焙煎は浅めに。さらにショコラとしてのボディを引き出すため、カカオニブの12.5%を焙煎した後に皮を取り除き、若干の追加焙煎をかけました。こうした工程の後、ドライフルーツのように芳醇な酸味が広がる、非常にバランスの美しいカカオが誕生しました。
夜明けが新しい、そして美しい1日の始まりを告げるように、ショコラを愛する方々に、新たな喜びと発見をもたらすことができたら。そんな想いで、この「Laube」と名付けた一粒をコレクションの最初にお届けします。
■No2.Fukinoto(ふきのとう)
厳しい冬を越え、雪の下から顔を出すふきのとうの新芽。その新しい命の芽生えに、日本人は春の訪れを感じます。ふきのとうが持つ独特の野生味あふれる香りとほろ苦さを、まろやかなショコラオレとコラボレートさせたた、きっと素晴らしい美かkが産まれるに違いない!そんな直感から、多くの試行錯誤を繰り返して生まれた一品です。
未体験の野性的な芳香と苦しみに生命力あふれる日本の春を感じて
キャラメルフレーバーにふきのとう(山菜風)の風味がほのかに広がる。
例えるなら、ジャパニーズチャイ。
>>ちひろのレポートは、こちらの記事よりご確認ください♪
■No3.Praline japonais(プラリネ ジャポネ)
黄金に輝く小さな一粒。金胡麻が香り立つ日本のプラリネ
とにかく、金胡麻の風味がジュワっと広がりまくる!
金胡麻の歯ごたえ抜群!ミルキーベースに、香ばしさがグッとくる!
■No4.Sake japoneis(日本酒)
キャラメルのように芳醇かつ、ピュアな酒柏の風味を2種のショコラが際立たせる
まず、ねっとり酒粕キャラメルのやさしい甘みが広がり、後に酸味&ビターで終わる。
しばらく残る酒粕の余韻が心地よい。
■No5.Ninja(忍者)
ショコラに桜の木の薫りをダイレクトにまとわせた不思議な煙のトリック
煙の風味がガッツリくる、超個性的なチョコレート。
お酒に合いそう。
以上、エスコヤマ「C.C.C.デギュスタシオンNo.5 2012」の5つのショコラレポートでした。
今回、このチョコレートを食べて、あまりにも感動したため、同封されていたパンフレットの内容を記述させていただきました。
(もし、エスコヤマの広報様より削除依頼があれば、速やかに対応いたします。)
「C.C.C.デギュスタシオンNo.5 2012」ちひろのレポートは、こちらの記事をご確認ください♪
>>ちひろオススメのチョコレートはこちらから!

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.