画像: 辛くて香ばしい中華の店 本格麻婆豆腐店 炎麻堂(えんまどう)@赤坂

辛くて香ばしい中華の店 本格麻婆豆腐店 炎麻堂(えんまどう)@赤坂

どうも!
激辛マニアの姫です。
昨日は、焼肉を食べに行き、まだお腹に余裕があったので、
2軒目に気になるお店に行ってきました。
そこは、11月17日に同じ赤坂エリアに移転OPENした中華料理店です。
場所は、赤坂Biz向かい一ツ木通り沿いのビル地下にあります。
サンザシサワー
まずは、乾杯♪
休肝日のはずが、こちらに来て、メニューを見たら、
お酒に合いそうなものばかりだったので、軽く飲むことにしました。
お酒のメニューは、ビール・紹興酒・ハイボール・ワイン・サワー類・マッコリ等
種類が豊富でした。
そして、胃の調子を整えてくれそうなサンザシサワーをチョイス♪
すでに胃に負担をかけているので、自分をいたわってみました。
サクサク餃子
オーダーを受けてから包んで丁寧に仕上げた焼き餃子です。
何もつけずにそのまま食べることをお勧めされたので、従ったら、納得!
しっかりと味がついていてジューシーさが保たれてました。
そして、サクサクの食感♪
その正体は、中国版のクワイでした。
日本のおせちで使われる里芋のような食感のタイプと違って
サクサクというかシャクシャクしてました。
6つ入りでお酒の良いおつまみになりました♪
酸辣湯豆腐
えっ390円なのに、豆腐が1丁分程入っていてボリューミー♪
溶き卵ではなく卵黄を落としていて、とろみがかったスープにまぜると
酸味がマイルドになりました。
温まりつつ豆腐によってお腹もふくれるお得なスープでした。
激辛海老チリ
辛さを表す唐辛子マーク5つついてました♪
激辛というだけあって、
トマトケチャップで味付けしたような甘さは全くなく、
ぷりぷりの海老の旨味に合わせた辛味使いが素晴らしく思えました。
ソウルマッコリ
赤坂は、韓国料理屋さんも多いからか、韓国伝統のお酒“マッコリ”も置いてました。
辛い料理を食べる時にこの微炭酸でやさしい甘みを含むとまた合うんですよね~。
辣子鶏
香辛料の風味と特有の味がしっかりついた唐揚げの上に、
朝天唐辛子と鷹の爪がてんこ盛り♪
唐辛子マークは3つついていましたが、それは、唐辛子を食べなければの話だと思いました★
唐辛子の原価は決して安くないのに、太っ腹ですよね。
せっかくなので、この赤いのも食べてみました。
パリッとしていてつい2個3個と食べ進んでしまいました。
麻婆豆腐 8辛
麻辣を基本とし、豆板醤や甜麺醤等を使ったお店特製ブレンドの麻婆醤で
旨みと香ばしさにこだわった“炎麻堂式麻婆”は、
豆腐、茄子、春雨の3種類あります。
中でもこちらの看板メニューは、“麻婆豆腐”!
通常辛さは 5 段階から選べ、辛い物があまり得意でない方も頼みやすいです。
そもそもこちらは辛そうな店名ですが、
一般的に美味しく食べられる範囲の中での辛くて香ばしい料理のお店と謳っているので、
辛さに挑戦系ではありません。
でも姫は、エビチリがおいしく味わえるレベルでしたので裏メニュー8辛にしました♪
小鍋を熱々に温めてから別の中華鍋で炒めた麻婆豆腐をすぐに加えるので、
ぐつぐつの状態がしばらく持続します。
細かくカットされた豆腐達の躍りが終った後、頂きました。
花椒が強いとぴりぴりして食べづらいですが、
激辛にしていただいても麻辣のバランスが良いから、
落ち着いて香りと旨味そして辛さを味わうことができました。
ほとんど千円以内の商品が多いから、
仲間と気を遣わずに合計額を割り勘しました。
テーブル席の他、カウンター席もあるので、
今度は一人で来てみようかと頭の中でシミュレーションしてみましたが、
食べたいお皿が多いからやはり友達と来た方が良いなと思いました。
今月は忘年会シーズンだから、
きっと、これからもっと混むでしょうね!
赤坂の 地下でにぎわう 繁盛店 ~姫心の俳句より~
お店の詳細は、こちら
~後記~
さすがに、焼肉の後に中華にはしごして食べ過ぎたので、
赤坂から広尾まで徒歩で帰ることにしました。
すると・・・
ミッドタウン前のイルミネーション
クリスマスシーズンに恋人達がデートコースにするであろうスポットに寄り道。
なんて、神秘的な美しさを放っているのでしょう!
心が癒されました。

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.