画像: バリューボルドーを愉しむ夕べ

バリューボルドーを愉しむ夕べ

こんにちは。12月も残すところあと半月。クリスマスパーティーや忘年会などで慌ただしくお過ごしの方も多いのではないでしょうか?さて、月曜日はボルドーワイン委員会主催のネットワーキングディナーが、銀座にオープンしたばかりのフレンチレストラン“une relation Su”さんで開催され......今回はワインセレクトならびにナビゲーターを務めさせていただきました。 ボルドーワインというと5大シャトーといった高級ワインのイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、実は日常的に楽しめるようなリーズナブル且つハイクオリティーなワインが沢山あるんです。そんなコストパフォーマンスに優れたワインをワインのプロ10人がブラインドで厳選し、注目されているのが『バリューボルドー100』と呼ばれる100本のワイン。 今回はその中から特にオススメしたい6本をセレクトさせていただき、同店和田シェフのお料理とのマリアージュを通じてご紹介させていただきました。さっそくいただいたワインとお料理をご紹介させていただきますね。NV JEAN-LOUIS BALLARIN Cremant de Bordeaux まずはボルドーが誇るスパークリングワイン、クレマンで乾杯!セミヨンの優しさとソーヴィニヨンブランの爽やかさを併せ持ち、フレッシュで洗練された味わい。爽やかながら奥深さも感じられるクオリティの高い一本です。北海道産雲丹と百合根のムースバルメザンチーズとケシの実フロマージュのフリット さて、クレマンに合わせてまずはアミューズを。雲丹と百合根のムースのスムーズな口当たり、チーズの旨み、そしてフリットの香ばしさは、、クレマンのきめ細やかな泡立ちと瓶内熟成由来の複雑なアロマにぴったり。しょっぱなから、シェフの華やかで巧みなプレゼンテーションにワクワクさせられます。2013 Clarendelle Blanc×愛知県産天然鯛の湯引き さてお次は白ワイン。今回は5大シャトーのひとつである、シャトー・オー・ブリオンのチームが手がけるクラレンドル・ブランをセレクトしてみました。合わせてご提案いただいたお料理は燻製醤油が添えられた鯛の湯引き。ソーヴィニヨン・ブランらしいハーブやシトラスの香りが白身魚にキレイに寄り添います。青々としたあやめ雪カブのピューレもワインが呈するグリーンノートに同調してくれました。Les Amants de Montperat Rose静岡県産フルーツトマトのファルス さて、お次に登場したのは、シャトーモンペラが手がけるロゼワイン。Les Amantsとは「恋人たち」という意味で、まさにこれからのクリスマスシーズンにもぴったりな一本です。こちらのパートナーは同じくロゼ色の料理を。フルーツトマトの中にイチゴや根セロリ、そして赤色のやまめが詰められているとても手の込んだ一品です。ワインが持つ赤系ベリーやトマトの香り、そしてミネラルのニュアンスがお料理にすっとナチュラルに馴染んでいきます。さて、いよいよ赤ワインの登場です。赤はボルドーを代表する2品種をマスターしていただくために、メルローとカベルネソーヴィニヨンそれぞれが主体となっている ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.