画像: 2015師走の京都(3)初冬の和菓子めぐり5軒

2015師走の京都(3)初冬の和菓子めぐり5軒

回った和菓子店の外観は前記事に載せていますが、1日目はランチと甘味が祇園なのでその付近でと考えました。結果がコチラ。上から松壽軒、鍵甚良房、亀芳光、左が名月堂のお菓子です。
スタートは川端松原。久々に宮川町あたりも歩きたかったのですが。。。まずは名月堂さん。予約などはしておらず、時間があれば近いから寄ってみるかな?という感じでした。
名月堂さんにはサイトがあり、見ると主菓子も頼むとつくっていただけたみたいです。比較的気軽な下町の和菓子屋さんといった雰囲気。柏餅と同じだけど、季節的にいばらの葉を使っているといういばら餅と見たこともないような大きなぎゅうひ、ニッキ餅をいただきました。いばら餅もよかったのですが、ニッキ餅は凄い!
ふわトロです。看板商品のひとつだったようで、ぜひ再訪したいと思いました。
このこなしは上から松壽軒さん、鍵甚良房さんの顔見世。南座が近い土地柄だからこそのご銘ですね。上の方が生地のカーブが強く柔らかそうなのがわかると思います。
松壽軒さんへの訪問は、午前中にお茶菓子の注文が入るため午後の方がありがたいそう。いつもながら感じのいいご家族で、3つお願いしただけやのに粗品のボールペンをくれはりました(^^)
2つが粒あんと聞き、こしあんの方が好きな私は思わず、あー。。。こしあんふたつにしてて言うといたらよかったと言ってしまいました。するとおかみさんが自信たっぷりに、まあまあ、食べてみておくれやす。この小豆を炊いたんですわ、ホラ!と私の手に小豆を3粒。食べられまへんえ、と笑います。
お菓子はひとつづつパックに入れ、菓子ようじもつけてくださいます。崩れないし乾燥しない。コストもかかるだろうに、いつも何かしら小さなサービスをしてくださる、なんとなく下町っぽい気の良さを感じるお店です。
しっとり柔らかなこなし、きんとん。非常に良心的、かつ素晴らしい和菓子屋さんです。
きんとん比べ。鍵甚良房さんの黄梅、となりの亀芳光さんと下の松壽軒さんは多分同じ意匠ですね。松壽軒さんでは初雪と伺いました。
どちらも色鮮やかで可愛らしいこなしは、亀芳光さんのもの。鍵甚良房さんと同じ大和大路通り沿いですが、五条を下った豊国神社手前になります。時間がなくご銘を聞き忘れてしまいました。
言うまでもなく、お干菓子「京のよすが」で有名な亀末廣さんで修行された方のお店です。昨年の冬、ちょうど亀末廣さんの主菓子をいただきましたが、鮮やかな色づかいが似ているかも?と思いました。
他の和菓子屋さんでは季節的に終わっているのですが、鍵甚良房さんでは評判の高い亥の子餅をしばらく出しておられると聞き、伺いました。中には栗、柿、銀杏などが入っており翌日まで美味しくいただける名品です。
すはまと飴?こんなお干菓子もバラで買うことができます。こちらは主菓子よりも、お餅系の方がお得意そうです。
翌日、一番最後に予約していた嘯月さん。5つとも餡が違うことに感動です!
新幹線の中で松壽軒さんの富春、初雪と嘯月さんの初冬のかおりをいただきました。
うーん、味わいは甲乙つけがたいけれと、きんとんの細かさは見た目の美しさだけでなく、繊細な口どけにもつながります。嘯月さんのきんとんは、下手に触ると崩れてしまうほどのはかなさに惚れ惚れします。先月、すへらさんでいただいた栗のきんとんも素晴らしかったなぁ。。。
帰宅して主人と残る嘯月さんの主菓子と鍵甚良房さんの亥の子餅をふたりでいただきました。
ピンクだけど雪輪の意匠、朝の雪。よく見るとうっすら向こう側の色合いが、白っぽくなっているのです。この芸の細かさには舌をまくしかありません!そして大好きな雪餅。つくね芋を使ったきんとんに黄味餡。えも言われぬ優しい味わいと、断面の白と黄の淡いコントラストにため息です。
初冬のかおりはネットで調べると外郎製となっていますが、そうとは思えないほど薄く柔らかな羽二重餅のような生地。さざんかをかたどっており、黄からピンクにグラデーションを描く餡の美しさに感動!
下のお菓子はご銘を忘れてしまいましたが、色合いからして土にちら降る雪を表しているようにも見えますね。
これだけ一度にいただいても、全く飽きもしないし甘ったるくもならない。味わいから意匠、ご銘に至るまで完璧というしかない嘯月さん。最愛の和菓子屋さんです。虎屋で修行されたことは知られていますが、お正月用には羊羹をつくられているそう。取り寄せてみようと思っています。
出町のふたばさんでもお買い物。実家では、昔からお餅はずっとこちらで買っていました。あん入りとあんなし。どちらも美味です!
これまた昔から大好きな松屋藤兵衛さんの紫野松風。松屋常盤さんも好きですが、大徳寺納豆のアクセントがないと、ちょっぴり物足りないと思ってしまいます。
御倉屋さん、緑菴さん、聚光さん、中村軒さんなどしばらく伺えていない和菓子屋さん、そして訪ねてみたいお初のお店が色々あります。ただもしすべて回れても食べきれないという問題が。。。友人と一緒に食べ比べ!次回はそのつもりでいます(^^)

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.