画像: 山梨ワイナリーツアー

山梨ワイナリーツアー

こんにちは。ここちよく晴れた週末、いかがお過ごしでしょうか?年賀状の準備なども始めなくてはいけませんね><さて、11月は山梨のワイナリーに幾つか訪れたので、ちょっとその記録を綴っておきたいと思います。まず、先日おじゃました明野・ミサワワイナリー。 中央葡萄酒さんの日照量日本一という明野の畑は、とても広々としていて開放感にあふれています。ぶどう畑は収穫が終わり、ちょうどほっとした表情をみせていました。こちらでは甲州という日本を代表する品種を、日本で主流の棚仕立てではなく垣根仕立てで栽培するという挑戦をされています。日本の高湿多雨な気候は、生食用の瑞々しいぶどうを栽培するのには向いていますが、糖度が凝縮されたワイン醸造用のぶどうを育てるのはとても難しく......世界に通用する甲州ワインを造るため、さまざまな試行錯誤がなされているのです。 畑をご案内いただいた後は、ランチ&テイスティングタイム。 今回は醸造責任者の彩奈ちゃんが、昔修業をしていたというアルゼンチンのワイナリーCATENAとグレイスを飲み比べるという非常に興味深い試みでした。パワフルなカテナと洗練されたグレイス......それぞれタイプが真逆なのですが、雑味がない清らかさは共通しています。畑を見せていただいたばかりの垣根甲州や希少な『キュヴェ三澤イヌイ』など、貴重なラインナップを味わうことができ幸せ! 帰りにショップで大好きなグレイスロゼと2015年の山梨ヌーヴォー、セレナ甲州を購入。 夕暮れ時の富士山があまりにも美しくて感無量でした。 素敵な時間をありがとうございます。そして......スクールの遠足でもワイナリーを訪れました。こち ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.