画像: 「新潟・燕 杭州飯店の中華そば(元祖・背脂ラーメン)」

「新潟・燕 杭州飯店の中華そば(元祖・背脂ラーメン)」

燕へ行ったらやっぱりラーメン!
背脂ラーメン、ずっと食べてみたかった。
しかも、
結構な名店にご案内していただき、ありがたーい。
行列していて大人気。
みんな定食とか頼んでるけど、私はやっぱりラーメンです
・・・っと。テーブルに運ばれてきたコップ見てすぐわかった。
これはモロゾフのプリンの容器だなっ!
そして横に目をやるとさらにびっくり。
いっくら新潟とはいえ、加島屋の鮭茶漬けの瓶!
しかもちゃっかり加工しているところは、さすが燕の加工技術!
こちらのお店杭州飯店は、背脂ラーメンの元祖と言われています。
元は屋台であった「福来亭」が出し始めたもので、昭和初期に燕の洋食器が盛んであった頃
の職人さんたちのための、腹持ちの良い太い麺、冷めにくくするための背脂、
そして塩分多めのラーメンでした。
現在の場所は、福来亭の2号店という位置づけで置かれたお店ですが、
今は福来亭は閉店し、ここ杭州飯店が当時のその味を守っています。
厚い背脂の層の下には煮干しベースのしょっぱいスープ。
しっかり混ぜて食べるのがいいみたい。
生の玉ねぎがとてもいいアクセントになり、美味しく食べられます。
麺は自家製。
とても優しい口当たりで、うどんのようです。
最近よくあるぼそぼそとしたしっかり麺ではなく、九州のうどんのようにしっかりと味が
染み込む美味しい麺です。
量もたっぷりありましたが、あっという間に完食!
すぐにでもまた食べたい。。。
もうひとつの名物餃子も美味しい!
1個が大きいタイプです。
お店では中華そば、と呼ばれています。
県外からのお客さんも多いということですけど、中華そばでこれ出てきたらびっくりするだろうなーw
・燕市 洋食器の歴史を学ぶ燕市産業史料館
・燕市 杭州飯店の中華そば(元祖・背脂ラーメン)
・燕市 本物を見よう玉川堂(ぎょくせんどう)の鎚起銅器
・燕市 磨き屋一番館 磨き体験と藤次郎ナイフギャラリー
・弥彦村 弥彦公園のもみじ谷
・弥彦温泉 割烹の宿 櫻家
・弥彦村 弥彦神社参拝
・弥彦村 弥彦ロープウェーとおやひこさまセット
・弥彦村 国上寺の精進料理と五合庵
・燕 ウィルアシストの介護スプーン
--

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.