画像: 龍圓(浅草)

龍圓(浅草)

たまに日曜日の浅草に行くのが好き。
初めて上京した頃のことを思い出せる。初心に戻れるというのか。
上海蟹が美味いこの季節、
龍圓の栖原シェフが上海蟹で美味そうなメニューを出しているとの噂を聞きつけ、行く。
お目当ての上海蟹メニューへたどり着く前の料理も、栖原流のエッジが効いた料理が次々と。
例えば揚げ春巻きは、漆黒の大きな皿のセンターに、
黄金色に揚がったカリカリのやつが並び、
周りにオレンジ色のカラスミが綺麗にふりかけられている。
熱々を頬張ると、それはキャベツの春巻きだ。
キャベツの芯がこんなにも甘くて美味いのかと驚く。
さらにカラスミの海の香りと塩気がキャベツに深みを与える。
白子麻婆は、豆腐の代わりに鱈の白子。
赤と白のコントラストが麻婆豆腐と同じなのだが、
食べたときのインパクトは豆腐の数倍。
ありそうでなかった意表をついたメニュー。
そして、お目当ての上海蟹のあんかけご飯(写真)は感動もの。
上海蟹の身と、内子(オレンジ色の受精前の卵)、さらにそこに毛ガニの身とフカヒレが入り、
聞けば少量の砂糖が美味さを引き立ててるそうな。
この上海蟹のトロっとしたあんが、
パラパラほくほくのジャスミン米にかかってる。
ジャスミン米の香りと上海蟹の香りが調和し、
その味も不思議なくらいパラパラの米によく絡む。
〆の肉まんも秀逸だった。コースのみ。
デートのほか、ファミリーにもオススメ。
PS
東京ウォーカー、見てね。

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.