画像: 「参宮橋 Sando.Sando。(さんどさんど)ストロッツァプレティ」

「参宮橋 Sando.Sando。(さんどさんど)ストロッツァプレティ」

最近のお気に入り、参宮橋のSando.Sando。
なかなか行かない参宮橋。
気に入ってたお店があったけど、そこもいつのまにかなくなっちゃったし。
小さなお店が曲がりくねった道に並ぶ、どことなく昔の商店街の風情を残す街。
雰囲気のよいお店、Sando.Sando。で島根からいらしたお客様とごはんです。
ぬくもりのある店内はテーブル、カウンターと個室があります。
箸があって、日本酒があって(島根のお酒が勢ぞろい!)、カジュアルで毎日でも食べられるような
優しい料理が並びます。
メニューも多くて選ぶ楽しみもあるのですが、この日はシェフにお任せしちゃいました。
最初は白レバーのパテ。
なんだろう、コクのある甘さ。
ブランデー?
紅芯大根のパリパリと、黒コショウのおせんべいの食感を楽しみながらの、
実は奥に刻んだ生姜が添えられていて、
なんでこれ、私食べられちゃうんだろうと思ったり。
白レバーは食べられるものと食べられないものがあって、以前そーいやレバー苦手で
出禁になったお店があったなー(笑)なんていう話をしたりして。
ねっとりと柔らかなレバーペーストでぺたぺた大根をくっつけながら食べるのに、
小さな快感を覚えました。
お皿は宮内窯。いつか買いたい、欲しい。メモ。
キハタを使ったサラダ。
あー、キンカン入ってました!美味しい、キンカンって美味しいんだな。
これはあれだな、宮崎の完熟のやつだな、とか思いながら、
キハタのオイシサにもまた感動しつつ。
島根県浜田市からやってきたお魚です。
ワインをボトルで。
ここのワインは結構お値段的に安いので嬉しいです。
グラスがポワンと大きくて、ステム(足)はめちゃめちゃ細くて、このバランス面白いなーと
思って撮ってみました。
洗う時、倒れやすいので大変だと思うんだけど。
干し肉。
ほうほう、味がぎゅっと締まってておいしい!
これはもしあったら、食べた方がいいですね。
大穴子のフリット。
おおお!これも島根なんですって。
浜田で穴子が獲れるなんて。改めて島根の海の豊かさを知るなぁ
バルサミコのごはんでさっぱり。
猪のストロッツァプレッティ。
そうかー、猪も浜田なのかぁ。
ご存じないとは思いますが、浜田は島根県では3番目に大きな市です。
美郷の山くじらや奥出雲の猪かなと思ったのだけれど...、もうこのお店は浜田フラッグシップで
いいと思う。
市の人ー!
鶏肉の燻製。
小さく添えられた蕪のペーストが美味しかった。
ちょっと照りがある鶏肉。皮までプリプリ。
色んな話をしながら盛り上がる、参宮橋の夜でした。
最後にちょっとだけ、自家製リモンチェッロをいただきました。
ご一緒した方にカメラを教えてもらったり。
もー少し勉強しないとなーー
----

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.