画像: 韓国料理 水刺間(スラッカン)@恵比寿

韓国料理 水刺間(スラッカン)@恵比寿

どうも!
広尾ウォーカーの姫です。
今回ご紹介するお店は、恵比寿東口から徒歩1分のところにある韓国料理店です。
店名から思い出すのは、
韓国の人気歴史ドラマで舞台となった王宮の台所“水刺間”。
こちらの台所は、中央の客席から見え、
まるで舞台のようにライブ感があって見ごたえがありました。
お通し
大根の煮物ともやしと小松菜のナムルでした。
いきなり濃い味付けにせず、始めに口にするものとして良い流れを考えてました。
韓国茶 生姜
休肝日だったので、こういった体を温めてくれそうなお茶にしました。
韓国茶の種類は5種類位あって、ほっとしました。
ちなみに店内には透明の瓶に入った韓国果実酒が綺麗に飾られていて、
お酒を嗜む日にはそういったものも飲んでみたくなりました。
真蛸のお刺身 天然塩とゴマ油
みずみずしい蛸にしっとりと胡麻油がコーティングされていて、
香りと共に食感を楽しめました。
ソウルタッカンマリ
丸鶏一羽を特製のスープでじっくりと煮込みコラーゲンたっぷりです。
スタッフさんが目の前で鶏を丁寧に切り分けてくださいます。
まずは、スープを飲んでいるだけでもこのコクにはまります。
具には、鶏肉の他には、トッポギ、ニラ、ジャガイモが入ってました。
それを自家製の韓国酢醤油と辛味噌でいただきました。
さっぱりといただいたり、辛味を増すことができたりと、
アレンジができるから飽きることなく食べました。
2色のチョコのテリーヌ
2色とは、ややビターでしっとりしたチョコレートとなめらかなホワイトチョコレートのテリーヌでした。
グレープフルーツのソルベや桃のコンポートが添えられており、
デザート盛り合わせのようで得した気分でした。
マンゴープリンパフェ
大好物のマンゴーの果肉とプリンが両方味わえるパフェでした。
アイスや寒天もあって、フルーティーな構成にボリューム感を出してました。
これの別腹スイーツは、料理長が作っているんだとか。
お料理だけでなく、スイーツも作れる料理長、すごいですね。
韓国の人気歴史ドラマの話に戻りますが、
その内容とは、医学的なことも題材にしながら、
食と健康について見つめる深いシーンが何話も続きます。
このお店にいると食の大切さを伝えているあたりが共通していて
恵比寿にて 宮中のドラマを 物語る ~姫心の俳句より~
▼店舗情報▼
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-3-1 クイズ恵比寿ビル内B1-A
TEL:050-5787-8206

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.