画像: カレーですよ2191(銀座 スイス)モーターショーにスイスがやってきた!その前に銀座におじゃま。

カレーですよ2191(銀座 スイス)モーターショーにスイスがやってきた!その前に銀座におじゃま。

東京モーターショーでカレーのお店の応援団をします!!
いや、カレーだけじゃなくて、モーターショーにあるグルメブースを全部応援。
カレーですよ。
ダブルでうれしい今回のお話し。
まずひとつ。取材ではなくモーターショーに関われると言うこと。すごい事だよなあ、グルメ部門とはいえなかのひと、だもんなあ。世界的なイベントなわけですから。
それともうひとつ。応援するお店が銀座の老舗の洋食店である事。洋食、大好きだしなあ。それも生え抜きのお店のお手伝い。背筋が伸びます。
今回「たべあるキング」が東京モーターショーのグルメ部門を総合プロデュースする事になり、カレーの担当としてその部分を受け持つ事になりました。受け持つお店は、銀座、ちょうどアップルストアの裏の通り、と言うと最近ではわかりやすいでしょうか。
「スイス」
ご存知の洋食レストランで、カツカレーの発祥のお店として知られています。
1947年創立、翌年のこと、野球選手の巨人軍、千葉茂さんがお店にやってきたときにカレーライスとカツレツを注文。そのときに「カレーにカツをのせてくれ」という言葉に応える形で生まれたカツカレーがスイスの名物料理です。この話しは有名ですね。
ここまで「カツカレー」という考え方はなかったわけですからそれをメニューに載せる事にしたパイオニアなわけです。
そんなスイスさんが今回、たべあるキングが総合プロデュースをする事となった「第44回東京モーターショー2015」のメイン会場、選り抜きの8ブースの中に参加いただける事になって。メニューはもちろん「千葉さんのカツカレー」なのです。
今回はモーターショー直前に代表の荘子さん、というよりスイスのおかみさんにご挨拶がてらの食事をと、銀座に出向きました。
「千葉さんのカツカレー」
頼みました。
このかわいいテーブルクロスとテーブルセッティングに銀座の老舗の洋食屋さんらしさを感じます。この時点でしあわせがこみ上げてくるんです。
豚ロース、120グラムのボリューム。なのですが、すーっと食べられてしまう、どこかから漂う上品さ。なんだろうこの感じ。すごーくおいしい。
本来下世話な食べ物なんだけどね、カツカレー。ところがですよ。
ひとつひとつの要素。素材も、調理法も、味の落としどころやバランスなんかも真面目に突き詰めると不思議ときちんとしたものに仕上がっちゃう。どんなものでも老舗のお店で口に運ぶものは同じような成り立ちがある気がしています。
カツがね、厚すぎず薄すぎずでこのバランスがカツカレーには大事なのだと思っているんです。
厚切りボリュームだけを標榜するカツカレーにいいものを聞いたことがない。でもスイスのカツカレーはボリュームもあって(2枚のせなんていうすごいメニューもある)なのにキツくないんですよね。
洋食の老舗だから理解できている「トンカツとカットレットは違う」というところ。これを知った上でできたカツカレーにハズレなし。そう思っています。
添えられたキャベツ用に出されたドレッシングもとても美味しい。カツカレー、トンカツだとキャベツはソース、黙ってソース、男はソースって思ってるんですがスイスのドレッシングはおいしくてここではこっち!と叫びたくなりました。
スイスの千葉さんのカツカレー、まったく素晴らしい。モーターショーでの応援にも気持ちが入ります。とてもいいカツカレーでした。
ご存知本来はカツカレー憎し、のボクですが(笑)そんなボクが都内でならあそこでだけなら食べられる、と白状したカツカレーが町田のアサノ、下北沢の般°若 。どちらもさらさらっとしたカレーソースなんですが、そんななか、ここ老舗洋食店であるスイスのカツカレー。とろりとしているカツカレーだけどその完成度に驚きつつすいっと食べられてしまう。やっぱりいいものには理由があるよね。
銀座で食べるもよし。晴海、、、(って思わずいっちゃいそうになる世代)じゃなく、青海の東京ビッグサイト、「第44回東京モーターショー2015」のグルメキングダムのスペースで食べるもよし。
出来れば両方来てくれるとうれしいです。
「第44回東京モーターショー2015」のグルメブース「グルメキングダムの」ページ
http://gourmet-kingdom.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
活動内容等の各種Linkはこちら
http://about.me/hapi3
ご連絡、お仕事のご用命等は
iizka3@gmail.com (@を小文字にて)
Youtubeチャンネル
http://www.youtube.com/user/iizka3
いつもんログ
http://hapi3s.blogspot.jp/
http://tabearuking.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

rdsig.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.