画像: カレーですよ2190(福島上等カレー 渋谷本店)大阪カレー。

カレーですよ2190(福島上等カレー 渋谷本店)大阪カレー。

数年前なら大阪カレーが東京でさらっと食べられるようになるとは思っていなかったなあ。
少し驚いています。うん、ありがたいよね。うれしいです。
カレーですよ。
大阪カレーというジャンルがあります。ふんわりした輪郭ではありますが、あります。
例の卵の黄身が射込んである混ぜ済み、名物カレーもそうと言えばそうなんですが、あれはどちらかというと個人店のスタイルとしての大阪カレー。もう少し範囲を広げてあげると「あまから」という大阪文化に突き当たります。
「福島上等カレー」
は大阪発のカレーチェーン。以前大阪に出かけた時に食べています。
たしか業態だったかが2種あって大雑把な記憶だとゆっくり食べられる系とエクスプレス系というか、そういう感じにお店を分けていたと思います。
ここ、東京進出でまさか上等カレーの看板に渋谷で出会えるとは、という気分です。
ただただうれしい。
「エビフライカレー」
を頼んでみました。なんとなくカッコいいビジュアルだったので、思わずね。
ひとくち目はやっぱり甘くって。でも変な甘さじゃないんですよね。その後に追っかけてくるちょいピリリ。これこそ大阪カレーの醍醐味ですな。大阪カレークラシック。そんな気分を感じます。
こういう大阪の甘辛いカレーというのはクセになるんだよね。
苦手の人は苦手かもしれないけれど、あの甘さのあとにすーっと上がってくるからさという流れのおもしろさ。あれはなかなかほかで代替えが出来ない体験です。
東京のあまからともニュアンスが違うと思うし、いつもおもしろいなあ、と感じます。
最近欧風とあまからが来てるんじゃないかとカレー業界界隈で聞くことが多いです。
なんか、わかる。
ここまで都市部のカレーってエスニック志向の本格派、とかこだわりアレンジのカフェカレーとかちょっと難しくなってたかもしれない。そこにわりとどストレートに「あまからでござい!」とニコニコやられるとすーっと引っ張られちゃう気分、ありますねえ。単純においしいってやっぱり幸せなわけで、原点的なものだからキライっていう人も少ないのだと思います。
大阪カレーと甘めのカレー。ちよいと動向を注目したいジャンルです。
その進化と伸びしろ、さて、お楽しみ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
活動内容等の各種Linkはこちら
http://about.me/hapi3
ご連絡、お仕事のご用命等は
iizka3@gmail.com (@を小文字にて)
Youtubeチャンネル
http://www.youtube.com/user/iizka3
いつもんログ
http://hapi3s.blogspot.jp/
http://www.tabearuking.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

rdsig.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.