画像: 兵庫県の農業再発見!ため池日本一!淡路島は宝島

兵庫県の農業再発見!ため池日本一!淡路島は宝島

明石海峡大橋を渡って淡路島~*(^o^)/*
淡路島は実は一大農業産地です
玉ねぎ~
トレンドは「かくし玉」^^
3万8千ヶ所、ため池日本一の兵庫県の中で淡路島には2万3千ヶ所のため池があります。
高齢化などで保全存続が大変な中、
「黒田池」は10万トンの水量を誇り、地域の人が守り続けるすばらしいため池。
島の水瓶「ため池」プロジェクトを展開しています
淡路島 たまねぎ畑。
11年前台風23号で壊滅的被害をうけ集落を立て直そうとほ場整備したら、なんと
弥生時代の遺跡が見つかりました*(^o^)/*
五斗長(ごっさ)の新玉ねぎは甘く涙出ないそうです!
鉄器を作る鍛冶屋の工房や竪穴住居23棟!
古代の人々がここにいるよ~~!この土地は1900年前から豊かだよー*(^o^)/*と教えてくれたのかもしれないと高田さんは語りました。
なんて玉ねぎロマン!
たまねぎまるごと ランチ
遺跡が見つかったことから古代米もはじめたそう。
農地を整備すると宝がざっくざく。
昔話のようなお話~~~。
きっかけは台風でした。
淡路島でした*(^o^)/*
ため池の数日本一!2万3千カ所!
台風や洪水とうまく付き合う人々の暮らし。
ため池を守る営みは、防災・減災の前に、自然現象とのほどよい寄り添い方の継承でした。
淡路島の農業すごい*(^o^)/*
島の農業システムに学ぶこといっぱい*(^o^)/*
黒田池と五斗長。
ありがとう玉ねぎアイランド!ため池アイランド!
3月に行ったときの淡路島の農業はこちら*(^o^)/*
ベジアナ

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.