画像: 広尾のフレンチ「ア・ニュ (a nu retrouvez-vous)」で白トリュフコースの会

広尾のフレンチ「ア・ニュ (a nu retrouvez-vous)」で白トリュフコースの会

どうも!
広尾ウォーカーの姫です。
先日、ご近所の星付きフレンチレストランで、
11月2日までの期間限定で『白トリュフフェア』を開催しているので、
親友とお互いの誕生日を祝うべく、奮発して行ってまいりました。
入店すると、早速白トリュフ達が歓迎してました。
イタリア・アルバ産白トリュフ
まぁ、なんて食欲をそそるエレガントな香りなのでしょう!!!
『白トリュフフェア』では、
“白トリュフコース”を予約すると、この白トリュフを一人当たり約20gもいただける
のです。
様々なお皿の中に白トリュフがちりばめられてます。
これは、たまりませんね!
では、その内容をご紹介します。
一皿目
上に削られているのは、鰹節ではありませんよ(^^)
早速白トリュフがかかってます。
下には、白子と菊芋を使い、スープとフリットの二段構成になっていました。
白トリュフもミキサーにかけたり、衣の中に閉じ込めず、上からふりかけることで、
香りの伝わり方が一層よく感じました。
アンリ・ジロー フランソワ・エマール ブリュット
あでやかなシャンパンで乾杯しました。
チケットに「オマージュ」と描かれているのは、
「メゾン・アンリ・ジロー」の創始者へのオマージュ(敬意)として誕生したシャンパンだからだそうです。
パンとホイップバターとオリーブオイル
前から、こちらのパンとそれにつけるバターとオイルも好きなんです。
この日は、ライ麦、天然酵母パン、ブリオツシュの三種類でした。
お腹がいっぱいになることがわかっていながら、ついつい食べ進んでしまうのでした。
二皿目
帆立貝と赤大根のミルフィーユ仕立て セビーチェ風です。
さっぱりとマリネした帆立貝と赤大根の層に、
自家製マヨネーズと黄色い唐辛子のアヒソースを添え、
ペルー料理っぽい一皿でした。
三皿目
本日野菜のサラダ 卵黄とクルトンです。
卵黄の周りには、インカのめざめのピューレ、葉野菜、黒いクルトン、パルメザチーズ、
メレンゲそして、上から白トリュフを粗めにスライスしてかけてました。
そして、全体をまぜていただきました。
高級ホテルでこんな朝食がいただけたら、目覚めが良いであろう芳醇な香りを放ち、
ヘルシーという言葉では止まらないサラダでした。
四皿目
サンマとジャガイモのスープ 黒文字の香り 穀物と野菜を添えてです。
黒文字とジャガイモとサンマベースのスープにキヌアなど穀物が入ってます。
そしてサンマの肝が添えられていました。
栄養価の高い組み合わせで、滋味深かったです。
ラドワ 白 ボワ・ド・グレジョン 2008
フランス・ブルゴーニュのシャルドネ品種の白ワインです。
蜂蜜香と果実味があり心地良い印象でした。
五皿目
松輪鰈のブールブランソースです。
ふっくらした鰈にバターの風味が豊かなソースと苦みの少ないネギが
良い味のリズムになってました。
六皿目
筒状のパスタ“カネロニ”の中にとろり柔らかい子牛とリードボーが入っています。
ベシャメルをつけて、濃厚な印象が増しました。
付け合わせのオクラや蕪などの野菜は、春菊の泡でさっぱりといただけました。
デセール
進化形ショートケーキです。
アーモンドの生地の中に、イチゴとフランボワーズ、アーモンドアイス、そして白トリュフのエキスが入ってました。
まさか、ここにも白トリュフを使う粋なはからいに驚きました。
サプライズプレートと記念写真
下野シェフが二人の為に、素敵な演出をしてくださいました。
20gの白トリュフは、お皿によって美味しさの表情を変え、
お祝いの感動と共に、記憶に残りました。
広尾にて おいしい香りに 包まれる ~姫心の俳句より~
お店の詳細は、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.