画像: カレーですよ2188(長野県佐久 スジャータ)軽井沢帰りにスリランカ。

カレーですよ2188(長野県佐久 スジャータ)軽井沢帰りにスリランカ。

ちょうど1年前に来た記憶があります。
なんでそんなにぴったりに言い切れるかと言うと、やはり今日と同じく、北軽井沢のスイートグラスで行われたエイ出版社のアウトドアイベント「フィールアース」の帰り道だったから。
だからおぼえていました。
カレーですよ。
ゆるゆると帰途について、そうだ、カレー食べたいなあなんて思っていたところ、たまたま走っていたバイパスの道沿いに高い柱が立っていて、そこにスリランカ料理の文字を見て知ったのでした。
突然佐久あたりでスリランカカレーなんて大きく書いてあってびっくりした記憶があります。
あのときはランチタイムを回ってしまった時間で、しまっているお店の外から名残惜しそうにのぞきこんでいたら店のスリランカ人の女性店主が手招きしてくれてうまいスリランカカレーにありつけたんです。
とても嬉しかったな。
きょうはちょうど逆。
お店の開店を待って一番乗りをしました。
さて、去年と同じく、あれが食べたかった。
「ミックスカレー」
いわゆるスリランカのホームスタイルカレーでごちゃ混ぜ、全部のせがうれしいひと皿です。
待っているあいだにきょろきょろとしていました。壁に藤井フミヤさんが来店した事が出ていました。お気に入りだそうでわざわざここに来るみたい。へえ、そうなんだ。でもわかる。旨いもんね、ここのカレー。
さてきたよ、スリランカのワンプレート。
チョイスしたマトンカレーはざらりとした食感にコクと奥行きで引きずり込まれるような味の素晴らしいもの。うむーん、こりゃあたまらない。大変なおいしさです。
これは、、、ナスのモージュかな。あまからナスの煮物です。これがもううまくってうまくって。スパイスももちろん使っているはずなんですが、スリランカのコックさんが作ってるのか地元佐久のおかあさんが作ってるのかわからなくなる感じ。それくらい日本人の舌に合うんです。そしてそれが楽しい。
パリップ(スリランカの豆カレー)は言うことのないスリランカ味。懐かしくて泣けてきます。少し薄味でそれが正しくて。
野菜カレーも同じくで、でもみんな、大丈夫かな、他のカレーや煮物なんかと混ぜて食べてちょうど美味しくバランスするんだからね、知ってるかい、なんて要らぬ心配をしてしまうのです。そらくらいスリランカ料理なのですよ。あたりまえか、そうか。
食後の紅茶はフレバリーティのようないい香り、美味しいものでした。スパイスを上手に入れてるんだろうねえ。とにもかくにもお腹いっぱい胸いっぱい。やっぱり好きなお店です。
裏に小さな駐車場があるのと小上がりがあるのをおぼえておきましょう。
小上がりはあかちゃん連れとかの人に便利だと思うよ。
ああ、本当においしかった。
山に入って前の日に人んちのカレー食って、翌日カレーの審査員でさんざん食って、でもまた翌日の帰り道にここによってしまった。
うん、でもね、ここは別枠です。別枠なの。
さて、寄り道しながら帰ろう。例によってそうしよう。野辺山辺りを走ろう。
もう山は寒いはずです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
活動内容等の各種Linkはこちら
http://about.me/hapi3
ご連絡、お仕事のご用命等は
iizka3@gmail.com (@を小文字にて)
Youtubeチャンネル
http://www.youtube.com/user/iizka3
いつもんログ
http://hapi3s.blogspot.jp/
http://www.tabearuking.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

rdsig.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.