画像: カレーですよ2184(駒沢公園 ブルックリンダイナー)アメリカごはん、ジャマイカごはん。

カレーですよ2184(駒沢公園 ブルックリンダイナー)アメリカごはん、ジャマイカごはん。

ちょいと訳ありでうかがったこのお店。
なんというか、ブログ業界で有名で、よく名前が出てきて、店主とも顔見知りなんだけどなかなかチャンスがなかった。そしてめぐってきたチャンス。そりゃあもう逃しませんよ。
カレーですよ。
駒沢のもうすでに有名店といってもいいと思うし、つい最近もう1店お店を出して躍進著しいお店があります。その名も、
「ブルックリンダイナー」
ブルックリン、アメリカだ。ジャマイカンとかヒスパニックとかの人が住む地域だよね、ブルックリン。で、店主が言うには「カレー屋でもある」と。そりゃあ気になるってもんです。
なかなか行けないままになっていてアレだったんですが突然ご縁というものは巡ってくるもんでして。
ちょいと手を動かしている年末発売のゴニョゴニョで取材が入り用で毎日色々な場所に取材に歩いております。主に集中して行っているのが「いつも入ってるアジアとニッポン以外の地域のカレー」という括り。アフリカとかブラジル、ペルー、とかイギリス料理にドイツ料理。おいおい、カレーねえだろう、と言わないで。色々苦心しておるのです。そして意外やカレー的なものは世界中にあるのです。
そんななか、カリブ、ジャマイカ界隈のカレーってあったっけか?で思い出したのがここ、ブルックリンダイナー。店主の大脇さんが体験してきたカリビアンスタイル、ジャマイカンスタイルのうまい料理の中にカレーもあるって寸法。ありがたい。
お店に行くと、これがうれしい事にたまたま大脇さんが店頭に立ってる!最近では中目黒店と行ったり来たりできょうもそろそろ駒沢出るか、というタイミングだったみたい。うむむ、絶妙タイミング!
「ジャマイカンカリー」
を頼みました。
これがね、おもしろいんだよねえ。
カリブ海界隈もインドからの入植者も多く、アフリカンの人とインドの人の食文化のミクスチャーがあって興味深い場所なんですよね。そんな場所で根付いたカレー、さてどんな感じかと言うと。
フェンネルかな、これ。ヨーロッパ風とも呼べるるんじゃないでしょうか、このスパイス使い。あらおもしろい。ヨーグルトと玉ねぎの酸味と甘みがよいバランスで重たくならないカレーです。いいね、これ。
大脇さんに聞くとオールスパイス、タイム、カレー粉なんかを使ってるみたいで、ごはんにもこだわりがあって。ごはんはライスアンドピースという現地スタイル。ココナッツとレッドキドニーを炊き込んであってほんのりいい香りがします。辛くはないんですよ。唐辛子はちょいいれで、辛さは黒胡椒中心。それがジャマイカンスタイル。なるほどねえ。
ドレッシングのスパイス使い、香りが素晴らしいんだよ。これは、、、ディルかなにかか、とてもいい。嫌味なく強めに効いてるのがなんともいいなあ。
サラダもカレーソースもたっぷりなのでとても満足感が大きいです。学生街だしね、こういうのうれしいよね、若い子たちは。
珍しいカリビアンスタイル。サラダもいいし、なんというか引きずり込まれる味の世界観があります。
アメリカ料理は意外と知る機会、食べる機会が少ないと思います。うん、ハンバーガーとステーキだけの国じゃないんだよ。e-foodのゆりこさんもこのあいだニューヨークで食べ歩いていたけれど、移民の国で、色々な民族が集まってコミュニティを持って、なのでたとえば本国とは違う進化を遂げたイタリア料理とか、クレオール料理とかメキシカン、ケイジャン、ミクスチャーの果てに生み出された興味深い料理がたくさんあるのです。
その入り口を示してくれるブルックリンダイナーはとてもおもしろい。
こりゃあちょっと放っておけないお店です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
活動内容等の各種Linkはこちら
http://about.me/hapi3
ご連絡、お仕事のご用命等は
iizka3@gmail.com (@を小文字にて)
Youtubeチャンネル
http://www.youtube.com/user/iizka3
いつもんログ
http://hapi3s.blogspot.jp/
http://www.tabearuking.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

rdsig.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.