画像: 福みつ(浜松市・八幡)

福みつ(浜松市・八幡)

とある土曜。
息子(6歳)を連れ、
退院して間もないヒデコ(母、でぶ)のお見舞い兼ねて帰省。
せっかくなので、気になってた浜松餃子をめぐる。
初日の今日はここ、「福みつ」。
「マツコの知らない世界」でおなじみ、餃子通の塚田くんに教えてもらった。
名店らしい。
浜松駅で店に電話したら、
歩けない距離、タクシーに乗り「福みつ」と言えば分かるというので、
そうしてみる。
「運転手さん、福みつ、わかります?」
「もちろん、わかりますよ、あの王貞治さんもお気に入りの福みつね」
と言われる。
そうなんだ?
王さんが知人のお見舞いで聖隷病院に来るとき必ず寄るらしい。
到着。
皮が、揚げたようなパリパリで、あんのキャベツしゃきしゃき、
豚肉、少なめのニンニク、ニラはなく、ジューシー。
ビールで流し、ばくばく何個でもいける。
最後は白メシにバウンドさせ、かきこむ。
地元を離れ、東京に暮らして20年以上、
いま改めて浜松餃子のすばらしさを体感。
一人メシでも、
ファミリーでもおすすめ。
退院したヒデコ用にテイクアウト。
あ、でも食べれないかもな、今はまだ。
夜はうなぎかな。
これも食べれないか。
カツ丼が大好きで、ガツガツ食べてた
豚のようなヒデコが食べれないのは、やっぱり寂しいな(笑)

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.