画像: カラブリアで最高のマンマの手料理に出会いました!<カラブリアレポート第四章>

カラブリアで最高のマンマの手料理に出会いました!<カラブリアレポート第四章>

本日のピックアップフォトはカラブリアで採れたてのフレッシュなポルチーニを使ったトマトソースのスパゲティです。日本でも人気のイタリアマンマの料理研究家Anita Orsara(アニータ・オルサーラ)さんの自宅でご家族と共に頂いたパスタは今回の旅の一番の思い出になっています。
詳しい情報はこの後の本文でお楽しみくださいね(^_-)-☆
←読む前に左のランキングのClickクリックをお願いします♪
にほんブログ村
イタリアの北部ミラノから、イタリア本土最南端のカラブリアに飛んできました。
ブーツの形をしたイタリアのつま先の部分というと分かりやすいかもしれませんね。
空港から出るとカラブリア州、イタリア、ヨーロッパの旗が並んでました。
ミラノから引き続きイタリアの国営放送のTVクルーも同行しています。
ワクワクドキドキのカラブリア旅日記のスタートです。
最初に我々が向かったのはカラブリアの渓谷にあるワイナリー「COLACINO」社です。
山からの風と谷川からの風が交差するこの地域でしか出来ない素晴らしい地葡萄を使ったワインを生み出しています。
このボトル見たことある!!って方はかなりのイタリアワイン通ですね。
自然派の製法で山の斜面で育てているため生産量が少ないから、美味しくても大量生産が出来ないそうです。
エリオ・ロカンダ・イタリアーナ (Elio Locanda Italiana)のElioとコラボしたVilla Orsaraの発表会では日本にも来ていて僕もお会いしていました。
http://ameblo.jp/pizzanapoletana/entry-11362946932.html
この日は休日だったんですが、オーナーが僕達の到着を待っていてくれて素晴らしい見学をさせてくれました。
このコラチーノ社のコンセプトは、昔ながらのワイン造りの良さと、最新技術の良さを上手く使い分けていることです。
そんなコンセプトをエリオ・ロカンダ・イタリアーナ (Elio Locanda Italiana)グランシェフ・エリオさんの解説で聞くことが出来るのは贅沢な時間。
更にまだ発酵途中のワインの声を聴かせてもらいました。
糖分を食べてアルコールに変えて行く酵母たちの働きを耳を当てると聴くことが出来ます。
しほりちゃんは真剣に聴いてるようですが、千晴さんはちゃんとカメラ目線(笑)。
まだワインになり切っていない赤ちゃんワインも試飲させてくれました。
お酒飲めないしほりちゃんですがちゃんとサマになってますね。
糖分がアルコールに変化していないから、甘味のある高級葡萄シュースと言った味です。
糖度を測るのには昔ながらのやり方の方が良いと言う説明をしているコラチーノ氏の言葉には説得力がありました。
ボトルに詰める作業などは最新の機器を導入していて、ワインに悪影響を与える酸素が入ってしまうのを徹底的に防いでいるそうです。
そして地下のワイン蔵に移動して皿に寝かせてあるワインを飲ませてくれました。
干しブドウで作る甘みの強いパッシートです。
これには飲んだ人全員が感動!!
良いワインを飲み慣れているElioさんでも「コレハスゴイネ!!」と唸らせた究極のデザートワインでした。
赤ワインや白ワイン、更に美味しいおつまみまで色々いただいて、カラブリア到着早々に昼間から良い感じになったメンバーでした。(笑)。
この後はエリオさんの実家に移動する途中で地元のスーパーを見たいという渋井しほりちゃんのリクエストでスーパーに寄ってもらいました。
パスタやチーズ、ハムの品ぞろえは流石としか言えません。
百貨店ではなくて小さな町のスーパーでこの品ぞろえです。
そしてとっても美しい湾が見えて来ました。
僕の妻の故郷でもある鹿児島をイメージさせるような海岸線です。
ちなみにこの景色はエリオさんのお姉さまAnita Orsaraさんの自宅の庭から見た景色ですよ。
アニータさんのご自宅に着いて早々遊んでいる2人。(笑)
トマトや唐辛子が天日で欲していたり、庭にオリーブをはじめとする色々な農作物が育っていたりと素晴らしい環境です。
カラブリアと言えば唐辛子で有名な街ですが、辛口美女?と唐辛子の写真をどうぞ。
こんな美しい場所で生まれたばかりの仔犬にお乳をあげるママ犬と遊ぶなんて天国みたいでしょ!!
Elioさんのご家族も集まってくれてAnitaさんの手料理を楽しみましょう。
こういうのって日本、特にTOKYOでは失われた家族の光景って感じがしますね。
本場のイタリアの家庭に入って、お料理上手のマンマの手料理を食べることが出来るなんて経験は滅多に出来るものではありません。
一般的にはイタリアではあまり生野菜を見ないので、このたっぷりのサラダには驚いたし、とても美味しかったです。
唐辛子や辛いサラミなど全てが家族のために用意された安心安全、フレッシュなものばかり。
ご覧のような素晴らしいお料理がテーブルに所狭しと並べられていきました。
茄子を使ったハンバーグやシラスとンドゥイヤのブルスケッタなど次々と登場しました。
イタリア男は老いも若きも女性に対しては常にアグレッシブで優しく接してくれます。
これ、シャイな日本人も見習わないといけませんね(笑)。
クールビューティな千晴さんも子供のような笑顔になってしまいました。
手作りのポルペッティも最高に美味しかったですよ。
さあ、マンマのパスタが登場しますよ。
フレッシュなポルチーニとトマトがたっぷり入ったスパゲティ!!
これに上の写真の肉団子や唐辛子などを乗せて食べるのがとっても美味しかった!!
レストランで食べるより美味しく感じるのは、この土地でこの人が家族のために愛情をこめて作っているというスパイスが大きな働きをしているのでしょうね。
カラブリアの名産のひとつとれたてのジャガイモや唐辛子、旬のお野菜がたっぷり入ったパスタも実に美味しい。断面がS字になったパスタ「カッサレッチェ」を使っていてついお代わりしちゃう美味しさでした。
これらのお料理を全て作ってくれたのがこの女性「Anita Orsara」さんです。
とっても優しくそして強い、お料理上手なイタリアマンマですよ。
実は、このAnita Orsaraさんは、日本ではイタリアマンマのレシピの本に紹介されたり、イタリアマンマの手料理教室などに呼ばれるほどの料理上手で、プロのイタリア料理店のシェフ達が家庭料理を教えてもらうほどですから、美味しいはずだし、しかも本人のご自宅でいただくなんて最高の贅沢な時間でした。
Anitaさんのサイト「 La Cucina di Anita https://www.facebook.com/La.Cucina.di.Anita 」は、日本でも人気のイタリアマンマのレシピサイトですのでご覧くださいね。
デザートも手作りのスイーツとたっぷりのフルーツが揃っています。
食後酒だって色々揃っているのがイタリアっぽいですね。
特に黄色いボトルに入ったメロンのリキュールはお酒が飲めないはずのしほりちゃんも「美味しい♪」と言って舐めていましたよ。
夕暮れ時にベランダに出てみたらなんとも感動的なサンセットが拝めました。
このサンセットにぴったりの癒しの音楽がどこからともなく流れて来た・・・と思ったら隣のベランダで千晴さんとしほりちゃんも同じように夕日を眺めてBGMを流していたんです。
このサンセットには感動しましたねーー。
ただただ黙ってゆっくりと落ちて行く夕陽を眺めるのって最高に贅沢な時間です。
完全に日没になったのを見届けて感動の舞を舞っている2人です(笑)。
ここからいよいよカラブリアのアグリツーリズモ探検隊がスタートします!!
★ランキングに参加しています!下のバナーをそれぞれクリックしてもらえると嬉しいです★
にほんブログ村
↑上のバナーをポチッとワンクリックして頂けると順位に反映されるので応援よろしくお願いします!
たべあるキング初のグルメムック本が好評発売中です!
たべあるキングが選んだ東京トレンドグルメ2015これが今行くべき242軒!!
Jaffaはナポリピッツァのページに登場していますよ(^_-)-☆
マルちゃん40人の焼そばアンバサダーにJaffaが選出されました
僕はマリナーラをイメージした焼きそばのレシピを公開中
http://www.maruchan-yakisoba.jp/ambassador/ambassador11.html
←たべあるキングメンバーです
←メシコレキュレーターです

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.