画像: 中華料理 中國小菜 龍圓@浅草

中華料理 中國小菜 龍圓@浅草

どうも!
明日が誕生日の姫です。(また、アピール。w。)
その前日に何をしているかというといつも通りブログの更新です。w。
さて、今回ご紹介するお店は、
浅草ビューホテルの近くにある中華料理の名店です。
常連さん達から栖原シェフのお料理に対する熱意や腕の素晴らしさ等の評判を聞いていたので、
満を持して行ってまいりました。
お料理は、コースのみで、
通常コースは6000円(税別)からあり、この日は予算を伝えて組み立てていただきました。
エスプーマのピータン豆腐
ピータン豆腐というと四角い豆腐にピータンを盛り付けたものが多いけれど、
こちらのは、エレガントなカクテルグラスに盛り付けられています。
エスプーマでムース状にした豆腐、その下に刻んだピータンが入ってました。
一皿目にふさわしい、ご年配の方にもウケが良い優しいテクスチャーでした。
かめ出し紹興酒
香り、甘味、コク、3つのバランスが良い中国のお酒を嗜みました。
真空調理した鶏肉 よだれ鶏
鶏を真空状態にして、低温でじっくりと調理しているので、
お肉がかたまりすぎず、しっとり柔らかくて旨味がしっかりありました。
春巻
なんと、旬の松茸を春巻にしてました。
皮に包まれているので、口の中で噛むほどに香りが広がりました。
餃子
まるで小籠包のように肉汁たっぷりの餃子でした!
白トリュフかに玉
この時季だから出会えた逸品です。
一流シェフ達の多くが取り寄せている“昔の味たまご”を使用し、北海道毛蟹をほぐしてまぜ、
上から高級な白トリュフをかけてます。
それぞれの素材の良さがしっかり相乗効果として伝わる見事な作り方でした。
和牛とアスパラ炒め
中華といえば火力を活かした炒め物も名物の一つですね。
油と牛肉とアスパラそして調味料、手際良く炒めているからこそ、
お肉の旨味が損なわれず野菜がシャキシャキでした。
黒酢料理
この日は、穴子のフリットに濃厚な黒酢ソースをからめてました。
酢豚も好きだけれど、こういった創作も驚きと感動があって良いものでした。
〆ごはんとXO醤
いきなりルクルーゼの鋳物ホーローウェアの登場!
おしゃれなだけでなく、シェフが愛用するのには、訳があるのです。
それは、ごはんを炊くのに、ふきこぼれもなくすぐれているからです。
お鍋に使い慣れないと火加減が難しいけれど、シェフはたやすいのです。
でも、一人で他のお料理もしながら、こなしていることを考えると、
とてもご立派だと思います。
ちなみに、お米は、新潟県かやもり農園のコシヒカリを使用していました。
炊き立てのふっくらご飯に、昔の味たまごの卵黄とXO醤をのせ、究極のTKG(たまごかけご飯)ができました。
麻婆豆腐
4人でお食事しに来たのですが、まだごはんがあるので、
麻婆豆腐の共にいただきました。
豆腐がやや細かくカットされているから、ごはんにかけても食べやすいです。
ごはんがススム、ススム!
杏仁豆腐
杏仁豆腐の上に、洋梨とシャインマスカットがトッピングされています。
なめらかな杏仁豆腐とさっぱりしたフルーツだから、
食後のデザートとしてぴったりでした。
オーソドックスな中華料理を元にシェフの優れたアイディアが光り、
それぞれのお皿を楽しむことができました。
次は、上海蟹シーズンに再訪したいです。(それまでに仕事頑張って貯金しよっと。)
浅草で 偉才が作る 中華料理 ~姫心の俳句より~
お店の詳細は、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.