画像: セララバアド

セララバアド

こんにちは。週末はいかがお過ごしですか?さて、ちょっと前のことになりますが......ずっと気になっていた代々木上原の『セララバアド』の訪問がようやくかないました。 伝説のスペインの名店『エル・ブリ』はじめ世界が注目する名店で修行を重ねたという橋本シェフは非常に注目度が高く、既に予約困難店として知られています。店内はナチュラルで木のぬくもりが感じられる北欧テイストの内装。今回はキッチンを望むカウンター席にご案内いただきました。まさに究極のシェフズテーブル!! お料理はお任せコースにペアリングコースを併せていただきました。さっそくシャンパーニュで乾杯。北海道の‟どろ豚”の生ハム盛り合わせはコース外でしたが、せっかくなので追加でオーダー。球体に固めたオリーブオイルが添えられていてしょっぱなから遊び心に溢れています。 そしてお次は「スパークリングマスカット」という一品を。口中でマスカットの爽やかな風味が広がり弾けます。「森の朝」と題された料理は液体窒素を使った幻想的な一品で、まるで朝霧がたちこめているよう。アボカドとピスタチオのグリーンが鮮やかです。 栃木のワイナリーココファームの甲州F.O.S。甲州ブドウを赤ワイン同様の造り方で果皮や種も一緒にアルコール発酵させることで、この美しい琥珀色の色調と滋味深い味わいがうまれます。 お次は「落ち葉の森」というお料理。ガラスケースの中には落ち葉が敷き詰められていて、その蓋の上にはトリュフ風味のコロッケやフォアグラムースなどちいさな一品が並んでいます。それを順にいただき、食べ終わったら、箱を開け......中に隠されている「本日のメニュー」を取り出せるのです。 ペアリングはワインのみならず日本酒も登場。こちらは東洋美人ippoという華やかな純 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.