画像: 「五反田 スアンサワンのソムタム、ガパオ」

「五反田 スアンサワンのソムタム、ガパオ」

写真整理が終わったら、先日旅したバンコクについてレポートを書きたいと思います。
まずは日本に戻ってきて、辛くない生活の中にあの・・・
濃~くて辛~いタイ料理をまた欲してしまう自分を見つけ、行ってきましたよ手頃なタイ料理。
ここはタイかな?!と思うようなたどたどしいひらがながとてもいい感じ。
コムヤーンかなーと思ったら、首肉ではなく肩肉だとのこと。
しかし香ばしくて味付けはおんなじだと思われる、これの方がちょっと脂身が多かったけど、
ビールのお供に最高だと思った。
コムヤーンはあんまり辛くない料理です。
とりあえずの空芯菜は潰したにんにくがごろごろ入ってたー。
おうちでも手軽に入手できたらいいのにね、空芯菜。
春雨とえびの鍋蒸し。だったかな名前。
私がオーダーしたかったプーパッポンカリーは却下され(笑)、こちらになった。
春雨ではなくてビーフンで、かなりアツアツ。美味しくて食べすぎないようにするのが大変でした。
ソムタム。
今回バンコクに行って、最も辛かった料理。
このお店でもかなり辛くしてあり、ヒーヒーしながら食べたわけですが、
ソムタムってもともとかなり辛い食べ物なんですね。
このお店のガパオはバランス取れていて美味しい。
ランチで食べられるからいいよね。
レッドカレーはココナッツミルク効いていて良かったよ。
でも水煮の筍はあんまり沢山いらないかも。
もっと色んな素材で作ったのを食べてみたいなぁ。
9月末に行ったタイの旅。
バンコクの料理が美味しかったから、東京でもなるべく近い味を求めて行きたいと
思います。
日本風アレンジも悪くないけど、強いものと強いものを足し算していくタイ料理のバランスは、
実はかなり難しいのだと実感しました。
早く写真整理しよう・・・(笑)
---

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.