画像: 朝日新聞社広告局とのコラボ企画 九重味淋の激辛鍋スープ半殺しチゲを実食

朝日新聞社広告局とのコラボ企画 九重味淋の激辛鍋スープ半殺しチゲを実食

どうも!
激辛マニアの姫です。
ついに、激辛を通じて素敵な商品と出会いました♪
それは、
「朝日新聞社広告局とのコラボ企画で、
九重味淋株式会社のストレートタイプの激辛鍋スープ“半殺しシリーズ”(チゲ、トムヤムクン、カレー)のうち
2種類を実際に友達と試食した体験記をブログに書くという内容です。
掲載紙
この告知は、朝日新聞の29日大阪本社版の夕刊、30日名古屋本社版の朝刊に載ってます。
三人で実食する記念写真
まずは、
大学時代からの親友に企画趣旨を説明して、
親友の旦那様もお誘いし、
一緒に“半殺しチゲ”を食べてもらうことにしました。
“半殺しチゲ”パッケージ
メラメラ燃えたイラストの箱を見ただけでも辛そうですね!
「R18取扱い注意!!」と記載されています。
そして常温でレトルトパウチ商品だから、大人の激辛鍋会に持って行きやすいということですね。
“半殺しチゲ”ストレートタイプの激辛鍋スープ
真っ赤な液体です。
香りをかいだだけでも手ごわい辛さの予感がします!
作り方の説明書によると、
「1本品をよく振ってから鍋に入れて沸騰させて
2切った具材を入れます。
3ひと煮立ちさせたら、出来上がり。」
ですって。
出汁をとる手間がなくとっても簡単ですわ!!!
では、「お召し上がり方例」の通りに、具を入れました。
具を加えた“半殺しチゲ”
豚バラ肉、大根、えのきだけ、しいたけ、豆腐、もやし、にらを
煮えにくい食材から入れてぐつぐつとするまで待ちました。
さて、スープを飲んでみましょう!
友人二人のリアクション
友人男性「Oh,No!」
友人女性「少しなら食べられそうかなと思ってたけど、やっぱり辛すぎて無理!」
二人とも、この辛さでは食べられないようです。
でも、鍋を囲って集まることに楽しみを覚えてました。
友人女性
スープを少し別のお鍋に入れて味噌と豆乳を足して野菜やお肉とたっぷり入れ、
ご飯と共に食べたらピリ辛で美味しいと言ってました♪
姫のリアクション
確かにハバネロの辛さは感じられるけれど、
辛いだけでなく、チゲならではの旨味も濃縮されているので、
はまります。
しかもほのかに甘みが感じられるその訳は、
みりんが入っているのです。
九重味淋株式会社は、日本最古のみりん専業という伝統があり、
こういった新しい発想の商品にもみりんが使われているのですね。
みりんのスペシャリストがただ激辛なだけでなく、試行錯誤して美味しい物を開発されているのですね。
“半殺しチゲ”キムチ入り
「お召し上がり方例」に白菜と書いてあったのですが、
あえて、白菜はこのタイミングでは入れず、
姫が近所で大好きなキムチを買ってきて、それを加えました。
さらに、辛さが増すものの
良いエキスが融合してました。
“半殺しチゲ” チーズリゾット入りと姫
具を全て一人でたいらげ、〆は、ご飯とチーズを加え、
チーズリゾットにしました。
ややとろみがかってマイルドになりやみつきになります。
どうです!?
食べたくなった方いらっしゃいますか?
そんな激辛好きの方に朗報です!
“半殺しシリーズ”(チゲ、トムヤムクン、カレー)を抽選で10名様にプレゼントするキャンペーンをしているそうです。
応募方法は、朝日新聞の掲載内容から郵便はがきで
もしくは姫のブログを読んだ方は、以下のURLからプレゼント企画へ応募できます。
応募用のURL:
https://enq3.csview.jp/question/koukoku/150929ne_gekikara/150929ne_gekikara.cgi
※締切は10月15日までです。
※ご自身の体調に合わせてお召し上がりください。辛い物が苦手な方はご遠慮ください。
作るのが簡単で、味が本格的なチゲを食べ、
次に食べるトムヤムクンも今から楽しみです☆
もし一緒にチゲを食べてくださった方は、次回も楽しみましょう♪
激辛の チゲを囲って 温まる ~姫心の俳句より~
九重味淋の半殺しシリーズ商品の詳細は、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.