画像: NEO BISTRO SOLUNA

NEO BISTRO SOLUNA

こんにちは。もう9月も残すところあと2日。2015年も、あと3か月ちょっとしかないのですね。大切に過ごしていきたいと思います。さて、先日のことになりますが......東京に滞在中のマーヤ(母)と一緒に原宿の『NEO BISTRO SOLUNA』さんのワインイベント“Autumn Experience”に参加してきました。ワインのテーマは「ホワイトハウス御用達ワイン」。ということで、まずはシュラムスバーグで乾杯!今回は、三代にわたる米国大統領主催晩餐会の総料理長を務めたという山本秀正シェフのお料理と、ワインとのマリアージュを楽しみました。Schramsberg blanc de blanc 2012 シュラムスバーグは、1972年、ニクソン大統領訪中時に周恩来首相との「平和への乾杯」で使用されたことで知られているスパークリングワイン。アメリカではシャンパーニュメゾンが多数進出して、高級スパークリングワインを造っているケースが多いのですが、こちらはアメリカ資本の高級スパークリングとして、さまざまな公式晩餐会で使われています。合わせて楽しんだアミューズは、薩摩芋のフォアグラムースのショット。滑らかな舌触りがきめ細やかなスパークリングワインの泡立ちにとけこみます。Clos Pegase Chardonnay 2012 クロぺガスは2006年の夏、小泉元首相がブッシュ大統領とホワイトハウスにて会談を行った後の公式歓迎晩餐会で提供されたワインだそう。合わせていただいたのはビーツのテリーヌとサーモンのコンビネーションにオゼイユソースのグリーンが加わった鮮やかな一皿。ワインの豊かな果実味とキレイな酸がサーモンのリッチな味わいやビーツのフレッシュさと融合します。さて、スープで一呼吸。 牛蒡の滋味深い風味に満ちた優しい味わいのクリームスープは、鴨と銀杏のピンチョスと共 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.