画像: 手作りの季節到来☆たらこ、いくら、いかの塩辛♪

手作りの季節到来☆たらこ、いくら、いかの塩辛♪

こんばんは!このところ体調がいまひとつで、FBもブログも書く気になれずうだうだ過ごしていました。せっかくのシルバーウイークもお墓参りに行ったくらい。。。今日はちょっと気分もよくなったので、日比谷にあるジムまで歩いて行ってきました。
我が家からちょうど1時間くらいでした。こんなに歩いているのに筋力が落ちて体脂肪が増えていると言われ、ショックを受けています。食欲がないのでさっぱりとした甘いフルーツばかり食べていたからかしら?(゚_゚i)
たまに歩いてもダメ。継続して(少なくとも一日おきくらいに)20分以上歩くと良いそうです(TωT)
ああ、そうです。運動もせずにこんなものばかり作っていたのもいけなかったのかも?でも旬は今!やらねば、なのです。
「小さな築地」と呼んでいる御徒町の「吉池」はリニューアルして規模が小さくなってしまったのが残念ですが、歩きにくく広すぎてわからない築地に行くよりラクなんです。いくらは今回すごく新鮮なものを手に入れることができました。新鮮だとばらすのもあっという間。わたしは焼き網などは使わず手でほぐしますが、ほぐすまでもなくキレイにばらけてくれたのにビックリでした。
ちょっとグロテスクですみません。無着色なので色が悪いんです(^_^;)
たらこは昨年初挑戦し、その美味しさと簡単さにすっかりハマってしまいました。いずれも料理酒(我が家は蔵の素)を贅沢に使って洗い、塩(海の塩が合うと思い、今回は能登の天然塩を)、おだし(うねのの黄色いじんに大地を守る会の無添加の麺つゆをプラス)などで味付けしました。
たらこは一度塩をして水気を抜いたあといったん冷凍し(寄生虫対策として必要です)、今回はキュッと塩でしまった身をまたおだしにつけてジューシーに仕上げました。もちろんまったく日持ちしないので味がしみたらひと腹ずつ冷凍します。
いくらもそう日持ちしないし、小分けに瓶詰し冷凍しておきます。できたばかりのたらこといくらをお味見と称し、キヌアとアマランサス入りの玄米ご飯で小どんぶりに。口福です!
たけもと農場さんで年間予約した新米が、そろそろ届くころ。新米にも合わせて食べたいな♪
塩辛は久々に作ったのですが、するめいか(塩辛に使うわたがたっぷりあるのはするめいかだけ)の身を少し太く切りすぎてしまいました。お味は良いけれど見た目が不細工。ということで近々リベンジ。たらこもすじこも良いものが手に入ったらまた仕込んでおこうと思います。
レシピは「たらこの漬け方」などと検索すればいろいろ出てきますよ。どれも個人のレシピなので勝手にリンクを張るのは差し控えますが、丁寧にやってもおおざっぱにやっても、あまり仕上がりは変わりません。それよりも素材は新鮮なものをできるだけ早く調理すること、調味料は必ず良いものを使うこと!これが一番大事だと思います(^人^)
ぜひお試しを❤

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.