画像: ドーサ・カレー 南インド料理 ナンディニ (Nandhini-tokyo)@清澄白河

ドーサ・カレー 南インド料理 ナンディニ (Nandhini-tokyo)@清澄白河

どうも!
辛い物好きの姫です。
先日、新たなコーヒーカルチャー『サードウェーブコーヒー』で話題となっている
「ブルー ボトルコーヒー」を飲みに清澄白河に行き、
その後、カレーを食べに行ったお店をご紹介します。
マサラ・ドーサ
So long!お皿にはみ出んばかりの長さ!
薄いインド風のライスクレープでジャガイモと玉葱を筒状に包んで提供してます。
ポテトにはマスタードシードが練りこまれており、
粒々の食感がアクセントなってました。
メニューブックに、スパイスの名称と効能が書かれた一覧表を1枚にまとめられていたのを思い出し、
薬膳の要素を取り入れていることがわかり、ますますスパイスへの愛を感じました。
添えられているのは、ココナッツのチャツネ(チャトニー)、酸味のあるカレー風味のスープや、
豆がたくさん入ったペースト状のカレーもついてきました。
チャツネ、サンバル、ラッサムなど、
お店によって何と何が添えられいるか、そしてどれと合わせか味を旅するのが楽しいです。
フィッシュ・カレー(辛さ:普通)
ローストしたスパイスを使うゴア地方のカレーです。
お魚にマイルドなカレーが香りと共にソースのようにからんで味に深みが出てました。
マトン・クルマ(辛さ:辛い)
辛さは、どのカレーも、4択(辛さ控えめ・ふつう・中辛・辛い)で選べます。
先程のは、カレーのベースの味を知りたくて普通にしましたが、
こちらのは、一番辛いのにしました。
ルーのベースは、スパイシーココナッツグレイビーだそうです。
それに柔らかいマトンがごろっと入ってます。
辛いだけではなく、スパイスの香りが心地よくやみつきになりました。
南インド料理の味の決め手となるカレーリーフを沖縄から取り寄せていたりと、
一層こだわりを感じました。
ベジタブルビリヤニ
南インド料理といえば、欠かさず頼むごはんもの♪
こちらのは、長い粒状のパスパティ米を使用し、
インゲンや人参などの野菜が入っていました。
スパイスやハーブの香りが温かいご飯を通じて鼻に優しく感じました。
そして、キュウリのさっぱりした野菜が入ったヨーグルト“ライタ”もいただきました。
チャイ
食後は、ほんのり甘いホットのチャイをいただきました。
インドに行った時もこういう器に注いでいただいたのを思い出し、懐かしさまで味わえました。
清澄白河 カルチャー色々 食めぐり ~姫心の俳句より~
お店のフェイスブックページは、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.