画像: 表参道/カフェ「bills」

表参道/カフェ「bills」

あまりトレンドというものに興味がなく、流行オンチの私(^^;;
食はただ惹かれるもの、好きなものでいい。ファッションは似合うかどうか。メイクとヘアスタイルだけは古くならないように。
行列スイーツはブームが去った頃に興味があれば(^^;;
アサイーボウルも食べたことがなくパンケーキは昨年二軒のみ。今年は一軒目、しかも今さら?と言われそうですが、ようやくビルズに行ってきました(^^)
人が並んでいない時はほぼないビルズ。でも奥のカウンターが空いていれば、カウンターでいいので、といえば大抵すぐ案内してもらえます。店側からは言ってくれません。わたしはたまたま、聞いてみたらアッサリOKでビックリでした。
美容院とマツエクの間にかなり時間が空いたので、例の手で行列横目にカウンターへ。先日は時間がなくスイーツのみでしたが、今日は名物を食べる気満々です(^^)
ビルズといえばスクランブルエッグ。でもメニューには見当たりません。聞くとフルオージーブレックファーストというセットについてくるほか、単品もあるといいます。セットにはベーコンやソーセージなど食べたくないものが入っていたので単品をお願いしたら、ハーフサイズもできるといいます。願うところです!
そして運ばれてきたスクランブルエッグはクリーム?と思うようなカタチをしていました。が、食べてみると固めなんです。
サラダは量が多いからと小さなものも勧めてくれたのですが、多い方が嬉しいので一番シンプルなボリューミーなサラダを。
スクランブルエッグ同様、シンプルな薄味が嬉しい!
大きめのレモンをたっぷり絞り、オリーブオイルだけ少しかけていただきました。
ゴマとパンプキンシードの風味だけで、十分食べられます。素敵なサラダでした。
一度皿を下げてもらい、今度はデザートを。そう、ビルズのもう一つの名物、リコッタチーズのパンケーキです!飲み物はコーヒー。
以前オーストラリアのコーヒーを頂いて飲んだ時に、苦いなあと思いましたがやはりビルズでも同じでした。ブラックで飲むにはちょっと、と追加で自家製アーモンドミルクをお願いしました。通常はコーヒーに加えた形で出てくるものですが、お味見も出来ラッキー。薄めで加糖はされており、そのまま飲みたい美味しさ。
パンケーキは甘そうだしクリームたっぷりなのは胸焼けしそうでどちらかというと苦手。でも昨年訪ねた「雪ノ下」「スコッチバンク」のパンケーキはそれぞれ個性が強く今まで食べたことのないもので、素晴らしかったです。比べるとややインパクトは弱いもののビルズはハニーコムバターがアクセントになっていて、好きなタイプ。
あまり甘くないため、シロップは必要かも。
眺めもよく、おしゃれな店内。ただかなり騒がしくて、ゆったりお茶や食事を楽しむには不向きだと思いました。お手洗いが汚いのも残念。でもサービスも良いし、ナチュラルなメニューは魅力的。空いている時ならば、たぶんとても素敵なのではと思いました。
ちなみにこちらは、先日時間がない時にいただいたパブロバ。ビルズの故郷、オーストラリアのお隣NZ発、メレンゲ好きにはたまらないスイーツ。たっぷりクリームには閉口するも、これは色々よそでも食べてみたいし手作りもしてみたいです(^^)
ビルズは朝は8時半から、昼ほど混まないらしく夕方遅い時間も狙い目だそうです❤︎

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.