画像: 八ヶ岳ツアーvol.3 Vino e Vedura@オットセッテ

八ヶ岳ツアーvol.3 Vino e Vedura@オットセッテ

こんにちは。シルバーウィークを目前に旅立つ人がまわりには多いのですが......私は変わらず仕事してます。連休はちょっとゆっくりできるかな^^さて、先日の八ヶ岳ツアーの続きを。宿泊した『星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳』内のリストランテ『OTTO SETTE』さんでゆったりとディナーを楽しみました。 今回いただいたのは......“Vino e Verdura”という野菜とワインのマリアージュを楽しむコース。山梨や長野の地元野菜のみを使用した料理に、テロワールを共有する日本ワインを合わせた八ヶ岳ならではのデギュスタシオンコースです。さっそくご紹介しますね一口のお楽しみ×シャトーマルス 穂坂シャルドネ スパークリング 2008 野菜の旨みが凝縮されたトマトを使わないミネストローネにポルチーニ茸のパイが添えられた一皿。やや熟成感のあるスパークリングワインの旨みや香ばしさとマッチします。“恵み”×奥野田葡萄酒 ラ・フロレット ハナミズキブラン 2014 お次のサラダは地元野菜の鮮やかな共演!小松菜や人参のソース、赤ワインビネガー、さらには信州産わさびで楽しみます。ほんのり色づいた品よく滋味深い甲州ワインはそれぞれの野菜がもつ個性を、キレイに引きだしてくれました。ナス×ハラモワイン 甲斐ブラン 2010 山梨のこまち農園の瑞々しい水茄子を生のままスライスしたものと、グリルしたもの、2パターンのアプローチで楽しみます。生姜や茗荷の繊細な薬味の香り寄り添うのは、ほんのり吟醸のニュアンスを持つ奥ゆかしい甲斐ブラン。トマト×甲斐ワイナリー かざま バルベーラ・ロゼ 2014 お次はトマトのピューレやトマトのゼリー、ムースなどを層にした、なめらかなズッペッタ。バジルの泡がふんわりアクセントに添えられています。そこに爽やかなベリーの酸味と果実味をもつバルベーラ・ロゼを合わせて。トマトとロゼ、王道ながら完璧なマリアージュ^^クレソン×敷島醸造 ソーヴィニヨン・ブラン 2014 山梨産小麦「ゆめかおり」を使ったタリオリーニは道志村の鮮度抜群のクレソンの葉とそのピューレでいただきます。ワインはクレソンと同じようにイキイキとしたフレッシュ感とミネラリーなニュアンスをもつソーヴィニヨン・ブラン。清々しいマリアージュです。レタス×ドメーヌ ミエ・イケノ シャルドネ2012 パリッとした食べごたえある食感のバタビアレタスはラルドの塩漬け&ピンクペッパーと共に。ラルドのボリューム感にまったくレタスが負けないのが不思議。レタスのシャキシャキ感とあいまって、軽やかにいただけてしまいました。そこでいよいよ登場したのが、提携ワイナリーであるドメーヌ ミエ・イケノのシャルドネ。まろやかな口あたりで美しい酸と果実味があり、どこまでも洗練された酒質です。レタスのフレッシュ感もラルドの濃密さも、どちらも受け止められる包容力をもっているのはさすがです! ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.