画像: 台湾料理 瑞鳳 北口店@荻窪

台湾料理 瑞鳳 北口店@荻窪

どうも!
アジア料理を食べる機会が多い姫です。
先日、荻窪でカレーを食べ後、
まだお腹に余力があったので、
もう1軒行きました。
そこは、L字カウンターに10席のみの台湾料理店です。
姫は、台湾旅行や
渋谷や代々木公園の近くにある台湾料理店で
台湾料理が好きになったのですが、
こちらに入店すると、壁にずらりと貼られたお料理写真を見て、
台湾の屋台を思い出す名物の数々がありました。
中でも気になるお料理を頼み、
待っていたら、作りながら語る瑞鳳さんの明るいトークを楽しめました。
カキニラ玉子
まずは、大好物の牡蠣!
小ぶりの牡蠣を卵とお店で3種類の粉をブレンドした生地でまぜて焼いた
オーアー煎(牡蠣入りお好み焼き)です。
かたくり粉等によってとぅるんとした食感の生地に仕上がっていて、
とろみがかったあんのコクが合います!
瑞鳳さんのお子さんが小さい頃、脱水症状になってこういう食べやすいのを出したのだとか。
ケチャップもかかっているからお子様でも食べられそうな味と食感でした。
かさかさだった姫の唇が潤いました。
豚肉えび香菜餃子と野菜餃子(茄子とエノキ)
餃子は、この日2種類ありました。
香菜の香り豊かな餃子と、
ジューシーな茄子と旨味がぎゅっとつまったエノキ、
食べると野菜のスープがじゅわーと出てくる餃子、
両方個性的ではまりました!
屋台チマキ(1個)
およそ80年も秘伝の味で作っている伝統的な屋台のチマキです。
ラードを使用せず、醤油等塩辛いのが特徴です。
これを、イベントやネット通販もされているハイテクさにも驚きました♪
芝麻醤麺(ゴマソース和え麺)
これにも香菜が入っていてデトックスできそうな感じが好印象です。
胡麻の香りが豊かで、甘味が少なく、オリジナルブレンドの豆板醤にも合います。
お腹空いていたら、おかわりを欲するほどやみつきになりました。
麺を食べ終えたらスープを注いでくださいます。
ほっとする味で、旅行気分を味わえました。
荻窪で 満喫できる 台湾の味 ~姫心の俳句より~
お店の詳細は、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.