画像: 「なみじゃない!杉並グルメコンテス ト荻窪編 」1位 荻窪のカレー屋 吉田カレー

「なみじゃない!杉並グルメコンテス ト荻窪編 」1位 荻窪のカレー屋 吉田カレー

どうも!
たべあるキングの姫です。
一昨日は、『東京新聞』さんとたべあるキングのコラボ企画「なみじゃない!杉並グルメコンテスト 荻窪編」で、
1位に選ばれたお店に行ってきました。
そのコンテストとは、
たべあるキングのメンバーでラーメン・カレー・丼、焼き鳥、スイーツを得意とする5名が、
杉並区の各駅のイチオシメニューを紹介し、サイトを閲覧した方が気になるお店に投票し、
駅ごとに人気投票で一位が決まるという内容です。
そして投票して下さった方の中から抽選で、
1位のお店でたべあるキングの推薦人と一緒にそのお店のおすすめ料理を食べられるという特典もありました。
そこで、荻窪で1位に選ばれたカレー屋「吉田カレー」さんに付き添いで行ってまいりました。
カレーといえば、カレー担当のはぴいさん!
はぴいさんが推薦したお店です。
カレーライス 辛口 小
オーダーの仕方は、辛さと量でします。
辛さは、甘口・辛口・MIXから選べます。
ご飯の量は、大750円(400g)・中650円(300g)・小600円(200g)、
といった3種類あります。
姫は、付き添いだから遠慮して小にしました。
そして辛さは、もちろん辛口にしました。
カレールーは、30種類以上のスパイスを独自でブレンドし、10時間以上煮込み
3日間以上寝かせて提供しているようです。
玉葱やトマトなどの野菜やバナナやリンゴ等果物をベースに
欧風カレーでたくさん使われる、バター、牛脂の使用を一般的な量の半分以下に抑え、
変わりに国産の豚のコラーゲンを使い、旨味成分のスープが後味良く感じます。
化学調味料を使用せず、塩分控えめで、
コラーゲンと食物繊維をふんだんに取り入れた体想いのカレーなのでした。
ルーの他に、卵黄、キーマ、青ネギ、福神漬け
お米は、有機・減農薬栽培の青森県産の“まっしぐら”を使用してました。
ジャンルは、欧風でもなくインド風でもなく
節系の懐かしい味とバナナの甘味がしっかり感じるお店オリジナルのカレーでした。
また、中華出身だから、香辛料やひき肉の使い方が、ご飯に合うよう工夫がされてました。
「大変な仕込みから生まれたこの1杯がこんな価格で良いのだろうか?
なんて優しい価格なのだ!」と心底思いました。
表彰式
メニューに色々注意事項が書いてあるから、
初めは、人見知りの店主の接し方に、どきどきしてましたが、
食後に少し話せたらとても良い方でした。
はぴいさんみたいに熱心なお客様がお店の魅力を伝え、お店にとって励みになっていることが、
良い刺激となりました。
荻窪で こだわり多い カレー店 ~姫心の俳句より~
お店の詳細は、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.