画像: ベトナム❤︎アマノイ(14)ベトナム航空とハノイ・ノイバイ空港/ニャチャン・カムラン空港

ベトナム❤︎アマノイ(14)ベトナム航空とハノイ・ノイバイ空港/ニャチャン・カムラン空港

ベトナムへは各社の直行便があり、さほど遠いイメージはないと思います。けれど今回のように国内線を乗り継いで行かねばならない場合は、同じ航空会社を選ぶのがベストでしょう。出国入国にどのくらいかかるか初めてなのでわからず、乗り継ぎ時間の使い方を考えるのはぶっつけ本番となりました。
昨年の大晦日に、ハノイ・ノイバイ国際空港(HAN)には国際線用のターミナル2が新しくオープンしました。今まで使われていた空港は、ターミナル1として国内線用になり、ターミナル間はフリーバスで移動します。このバスの時間や場所がわからず苦労しました。
空港でドンに両替し、最初に使ったのが空港内のフォーなどが食べられるファストフード店。ターミナル2は出来立たばかりで綺麗なので、こちらも清潔感があり安心です。
空港内でさえ買い物時のぼったくりやおつりやカードの不正があるとネットなどで見ていたので戦々恐々でしたが、レジは新しく明快!心配はいりませんでした。
とにかくバインミーが食べたくて食べたくて!主人はまだ「アジアは怖い」と警戒中でペットボトルの水すら口にしません(^^;;
ベトナム語がわからないので、適当に頼んだビーフのバインミーでしたが。。。これってパニーニみたいで、なんか違う(~_~;)
日本のバインミーの方がバインミーらしい!ん?だけどこれがホントのバインミー??釈然としないまま、現地で初めての食べものを食べ終えました。
私たちはニャチャンへの国内線に乗り換えるため、ターミナル1に向かわねばなりません。が、旅行会社から説明されていた「ピンク色のフリーバス」がなかなか見つからず、結局FREE、T1⇄T2と書いた焦げ茶色のバスに乗りました。のどかな景色ながら、無事着くまでの2分ほどはかなりのストレスでした(~_~;)
ターミナル1に到着!
ここでベトナム航空のカウンターを訪ね発券してもらうのですが、英語はやはり通じにくいです。どちらのターミナルも周囲には何もなく、中にも簡単なカフェと土産物屋がすこしあるだけなので1、2時間待つのはかなり厳しいかも。
そこで助かったのがビジネスラウンジ。今回はすべてビジネスクラスにしたおかげでラウンジでゆっくりでき、何よりスマホを充電できたのがありがたかった!
パンやフルーツ、インスタントのフォーなど。ドリンクは高級なものはありませんが、ペットボトルや缶などはかなり豊富です。
古くさほどきれいではありませんが、コンセントには直接日本のプラグが差し込めます。
ベトナム航空の機体はきれいなブルー!国内線もそこそこ大きいです。驚いたのは座席。国際線のビジネスとは段違いの広さと快適さ。これくらいはないと。。。という感じです。もともと、ベトナム航空のビジネスは差額もさほどではないようですから(詳しく調べてないのでよくわかりませんが)、座席やラウンジ使用の利点を考えるとできればこちらにしたいところです。
1時間半ほどのフライト中、カナッペのような軽食がでました。これはニャチャンに向かう時の機内食です。
帰る時のニャチャン・カムラン国際空港(NHA)では、チェックインまでアマノイのドライバーがやってくれました。国内線なので保安検査を終えたらそのままビジネスラウンジへ。
小さなラウンジでしたが、アマノイのアフタヌーンティーで出たようなパンケーキがありました。ハノイにはなかったので、こちらのローカルフードだったのかも?
空港自体も小さかったけれど土産物もたくさんありなかなか面白かったです。そして懲りずにまたまたファストフード店で生春巻きを持ち帰りにしてもらいました!
別の売店にはココナッツジュースも!おそらく買うと、その場で上部を切り落としてストローをさしてくれたはず。時間がなくなり買い損ねたのが心残り。
機内でいただきました!野菜たっぷり、タレも本来とろみのないヌクチャムのようでしたが、こぼれにくいようピーナッツのとろみがあるタレを工夫して入れてくれていて感激❤︎
帰りの機内食。行きと同じオープンサンドでした。いずれも、お味はいまひとつです。
HANに到着し再びターミナル1から国際線用のターミナル2にバスで移動しましたが、バス停が本当にわかりにくいです。表示は目につきにくい上方にあるので注意してください。
ターミナル2では出国前に最後のベトナミーズを食べたいと私がわがままを言い、カムラン空港と同じファストフード店を見つけ入店!フォーや春巻をたのんだのですが、こちらは野菜が少なくてまったく美味しくなく撃沈しました(T_T)
土産物屋は出国前のフロアに一軒だけあります。ここで、可愛いポーチやお茶などをみつけたものの、ほかにまだ土産物屋があるのではと考え買い控えてしまい失敗しました。
出国と保安検査後のフロアにはたくさんの土産物屋や免税店があったのですが、広いし混んでいたりで思うように買い物ができず、結果的にお土産をあまり買えなかったのです涙
時間があればじっくりこうした店を回れたはず。でも私たちはあまりに素晴らしいターミナル2のビジネスラウンジに目が❤︎になってしまい、あろうことかうたた寝までしてしまったため、お店探索をする時間がなくなってしまいました(~_~;)
できたばかりだけあり、設備が整い綺麗で、食事の種類もかなりのもの。もっともお味はいまひとつでしたが。。。
マッサージ機のある部屋、半個室のようなPCルームなどもありとにかく広いのです!
ラウンジそばの土産物屋がまあまあだったので最後に慌てて買い物をし、機内へ。深夜なので機内食は朝食です。
洋食と和食。それぞれ頼みました。機内食はもともと要らないほうなので、シャンパーニュに合わせてつまみ程度にいただきました。
HANの入国出国は簡単に終わります。機内持ち込みできるバッグなら比較的早く空港を移動できるはずです。
国内線から国際線への乗り継ぎ時間は、空港到着から6時間ありました。当初、街までタクシーで往復2時間半みて1、2時間はハノイの街にでてみるつもりでした。
ただ事故や渋滞も考えられ、夜なので開いているのは飲食店だけ。。。初めてにしてはリスクが高すぎると考え空港で過ごすことに。交通を悪評高いタクシーに委ねるしかない事情もあり、欲張らず正解でした。
おみやげ、両替、次に行きたいベトナムについては最後のレポートに記しますね(^^)

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.