画像: ハプスブルク家御用達オーストリアの老舗ベーカリー 『エーデッガー・タックス』が、日本に初出店

1888年にハプスブルク家から“王家御用達”の称号を与えられた、オーストリアの老舗ベーカリー「ホーフベッカライ エーデッガー・タックス」が本日9/5「マーチエキュート神田万世橋」に海外初支店をオープン。皇帝が愛した極上の伝統のレシピを再現するのは、ウィーン菓子「Neues(ノイエス)」のオーナーシェフ野澤 孝彦氏。エーデッガー氏からの直々のご指名とはさすが野澤シェフ。

画像: カーディナル シュニッテン

カーディナル シュニッテン

本日は残念ながらパンなどはすでに売り切れでしたが、伝統的なウィーン焼き菓子の「ボイゲル」とノイエスでもおなじみの、エアリーな「カーディナルシュニッテン」をゲット。このシュワシュワ感はミルクフォームたっぷりのカフェオレみたいな、ケーキとは思えないおいしさ!!

Hofbaeckerei Edegger-Tax GRAZ

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.