画像: ベトナム❤︎アマノイ(10)ヒミツのビーチと波打ちぎわの朝シャン

ベトナム❤︎アマノイ(10)ヒミツのビーチと波打ちぎわの朝シャン

様々なアクティビティ(オプション企画)のうち、なにかアウトドア系を楽しみたいと考えスニーカーも持参していた私。ショートトレッキングコースがあったからなのですが、結局もう少しブナンそうなランチピクニックというプランにチャレンジすることになりました。
ピクニックというのですから、山登りではなくもう少しカンタンなお散歩コースと思っていたら。。。
なんと、私たちの行き先は海!それも「シークレットビーチ」というのでビックリ。訳がわからないまま、海辺に集合すると。。。
笑顔のスタッフと小さなボートがお出迎え。ライフジャケットを着せられおっかなびっくりボートに乗り込むと。。。
わずか1、2分で先ほどいたビーチからは崖に隠れて見えなかった全く別のビーチへ到着したのです。
すでにそこにはこんなテントが張られ、午餐の準備ができていて、またまたビックリ!
私たちのほかには誰もいない、そしてこのテント以外は何もない美しい砂浜。そして1時間後に迎えに来ますと、スタッフは去って行きました(^^;;
お弁当ときいていたので、ちゃんとしたカトラリーと器に入った料理の数々に三度ビックリ!
レストランと同じクオリティのお料理。食べきれないくらいのボリュームでした❤︎
1時間は案外短く、残りは後30分足らず。
私は、主人をテントに残し海に入ったのですが水中に岩が多く、手をついたら少し切ってしまいました。
このあたりはサンゴ礁があり、海水中の岩もサンゴのようにギザギザしていて少し危険。あきらめて岩の上に移動し、そこから海を覗き込むと肉眼でも熱帯魚や、産まれたばかりと思しき無数の小さなクラゲが見えて感動しました。
海はあまり人が来ないため、格別に水が澄んでいますが心無いゲストのゴミが散乱しているところがあり、ゴミを拾いながらテントに戻りました。
なんとも心憎い企画です。アマンのサプライズ的な演出にすっかりやられてしまいました❤︎
そして最終日は、海辺で朝シャン!
最後の夜、つまり前夜の夕食後部屋に戻ったらドゥーツがワインクーラーに冷やされていたんです! テーブルにはシャンパングラス。。。ああ、だけどボトルを空けた後で今からまた飲むのはムリ。明日海辺で!と決めたのでした。
そして朝、泡のお礼と共にワガママをお願いした次第。
どんな高価なシャンパーニュよりも、贅沢で美味しくてココロに残るシャンパーニュ!
シアワセすぎる時間が過ぎていきました(*^^*)→アマノイレポート、まだまだ、続きますよー

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.