画像: なんじゃい!でなんと、なんとさんに会った話。

なんじゃい!でなんと、なんとさんに会った話。

なんじゃい!でなんと、なんとさんに会った話。
D51デゴイチ弁当を買って~~
上信電鉄で高崎から「南蛇井」へ向かいます
なんじゃい!すてき過ぎる駅の名前
硬い切符に胸がときめきます~。
レトロな改札で切符を買ってくれたのは、
老舗雑誌「商業界」笹井編集長
いまから、ある食品メーカーへ、感動しに行ってきまーす。
南蛇井の手前は、神農原!
神農原(かのはら)と読みます。
なんとまぁありがたい響きの駅名ではありませんか。
ナポレオンの村の主人公のモデル 羽咋市のスーパー公務員 高野さんが、ローマ法皇に献上したお米は、
羽咋市「神子原」(みこはら)だったのです。
南蛇井~~
南蛇井~~
なんじゃい~~
下仁田ねぎ畑の中に、その会社はあります
美しい~赤松の天然折り紙!
これは経木!
納豆を包むのでーす!
パートさんの手仕事!素早~~い!
ななななんとこの方、下仁田納豆のなんと社長!
南都社長です。
奥さまのゆみさんが大豆が納豆になるまでを紙芝居で教えてくださいます。
がんばれがんばれまーめーたん!
がんばれがんばれまーめーたん!
下仁田納豆のひみつ
製造管理は四男の伊藤さん、南都社長、ゆみさん
笹井編集長と納豆たべねばねば~~*\(^o^)/*
なんとびっくり下仁田納豆のひみつ、
肝心な内容は「商業界」に書きます。
発売になったらお知らせいたしまーす*\(^o^)/*
なんと夫妻ありがとうございました。
下仁田納豆の南都さん、
商業界 笹井編集長と出会ったのは、「とことんオーガニック」シンポジウムの司会をさせていただいたご縁です!
同じときに出会ったのは、カンブリア宮殿にも紹介された奇跡のスーパー「福島屋」 福島徹会長!
日本のオーガニックを牽引するトップリーダー達であり、
感謝と喜びの輪をつなぐハッピーネットワークです。
徳江さんありがとうございます~~。
さて、特急ひたちなう。
いまから茨城 東海村へ。
農ある暮らしフォーラムです。
ベジアナあゆ

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.