画像: 厳選九州料理や塊肉の「beyond B.B(ビヨンド ビー.ビー)」@六本木

厳選九州料理や塊肉の「beyond B.B(ビヨンド ビー.ビー)」@六本木

どうも!
広尾ウォーカーの姫です。
先日、六本木で6月8日にOPENしたばかりの素敵なレストランに仲間と行ってきました。
トゥ
内観
場所は、東京ミッドタウン近くの好立地でビルの地下にありました。
重厚な扉を開けると、地下のレストランとは思えないほど広いスペースがありました。
カウンター席の他、デザインの違う個室(個室料はお部屋によって違います。)があり、
デート、女子会、ご接待など、用途が色々ありそうなお部屋が充実してました。
予約でうまる前に撮影させていただきました☆
グラス シャンパン
この日は大人な雰囲気に合わせて、かっこよく“ブルーノ・パイヤール”で乾杯しました。
ちなみに、ワインは、セラーにたくさんボトルワインがあり、
グラスワイン(赤、白、泡)は10種類、ボトルワインの種類も100種類以上、
お料理に合うものを店員さんに聞いてみたらご提案いただけそうです。
ワインリストとメニューブック
赤いエナメルっぽい素材のものは、ワインリストで、
牛柄のは、コース料理の内容が記載されてます。
この他アラカルトメニューとその日のオススメが書かれた黒板メニューがありました。
全体的に九州のお肉(鹿児島ののざき牛や佐賀の伊万里牛等)や九州料理が多いです。
なぜ九州かと店長さんに聞いたら、九州出身の店長と料理長が一緒になって営まれているから、
地元への想いが強くそこに力を入れているそうんです。
例えば、
九州産のA5黒毛和牛のみに厳選したり、
九州の契約農家「ナガミツファーム」から直送される新鮮な”有機野菜”もありました。
初訪問なので、
お手頃な“B.B特製瓦そば”を軸に
アラカルトメニューから気になるメニューを追加オーダーしました。
“B.B特製瓦そば”コースの内容は、以下の通りです。
― ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― ――
沖縄産 もずく酢/博多 炙り明太子/契約農家直送 有機野菜のサラダ/トリプルマッシュポテト
/九州産 黒毛和牛の塊肉/デットクスティー/B.B特製 瓦そば(和牛の焼き加減はお好みで)
/お口直し
― ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― ――
博多 炙り明太子
「魚匠庵」の辛子明太子“博多あごおとし”です。
表面はしっかりしていて香ばしく、中の粒はしっとりしてまろやかな味わいでした。
これには同じ福岡の水茄子を添えてました。
生で食べられるシャクッとした歯ごたえの野菜でした。
獺祭(だっさい) 磨き 二割三分
香りの広がりから味わいまで上品なに日本酒純米大吟醸でした。
日本酒は、こういった入手困難な獺祭の飲み比べセットもありました。
ザブトンの握り いくら添え(黒板メニューよりチョイス)
鹿児島産黒毛和牛のザブトンを薄くスライスして味付けとしていくわをトッピングしてました。
口の中でとけていく柔らかいお肉にいくらの塩味コーティングがマッチしてました。
契約農家直送 有機野菜のサラダ
トマトは、肉厚で甘味がある北海道産の“アイコ”を、
その他の野菜は福岡県糸島の有機野菜を使用してました。
そしてスペインのバルサミコ酢と柚子ドレッシングをかけてました。
尖った酸味がしないこの合わせ技が、新鮮な野菜達に馴染み、元気をもらった感じがしました。
トリュフマッシュポテト(黒板メニューよりチョイス)
黒トリュフたっぷりで、香りから高級感漂ってました。
和牛イチボの炙りユッケ~カリカリポテト添え (アラカルトメニューよりチョイス)
目新しい盛り付けのユッケです!
カリカリポテトを巻いて良い位幅広めにカットした鹿児島黒毛和牛イチボを炙り、
福岡県糸島のはつらつとした平飼い卵“つまんでご卵” をからめていただきました。
生の卵黄、炙ったイチボ、揚げたポテト、3つのスタイルで香りと食感に訴求してました。
九州産 黒毛和牛の塊肉
見事な霜降りの塊肉は、佐賀県黒毛和牛A5ランクのランイチです。
その人気希少部位イチボを食べやすいようにカットして盛り付けられていました。
お好みで、
お店特製ブレンドのファイブペッパー(グリーンホワイトピンクジャマイカブラックペッパー)、
博多の老舗「カネオ醤油」、炭塩、粒マスタード、すりおろした生山葵
といった選りすぐりの調味料につけていただけました。
B.B特製 瓦そば
高温に熱した瓦の上に 茶そばと具を乗せた九州地方の郷土料理です。
こちらの瓦は、保温性が優れてます!
しかも、熱しても割れにくく、へばりつかないようテフロン加工のようにコーティングしてある
一枚5000円位する特注なんですって。
お店で何枚持っているんでしょうね。
ソフトだけでなくハードもしっかり整っているところに驚きました。
B.B特製という点では、茶そばと錦糸卵、海苔、葱も瓦の上で焼いているだけでなく
別盛で本日の(この日は鹿児島県)黒毛和牛A5ランクの肩ロースを
熱した瓦の上でさっと焼いていただきました。
甘じょっぱいつゆにレモンともみじおろしを加えると程良く調和されます。
お肉の旨味と爽やかな茶そばを一緒に味わえます。
B.B特製 TKG(卵かけご飯)
お米は、選別機から徹底管理された福岡県八女市のお米をふっくら炊き上げてました。
ごはんと刻み海苔と“つまんでご卵”を
バーナーで炙った鹿児島産黒毛和牛のザブトンに包んでいただきました。
葱塩ダレがかかったお肉にこの組み合わせは、
高級焼き肉店で〆ご飯を食べているような上質なTKGでした。
焼きカレー BBスタイル
福岡県門司港発祥の焼きカレーをお店ならではにアレンジしてます。
佐賀牛のネクタイとランプの中で柔らかい部位“ランボソ”肉や
再び“つまんでご卵”まで登場してます。
桜肉のトロフレイク カップ丼
お上品なカップに入った丼ぶりです。
お店と熊本県の精肉店が共同開発した馬肉のトロフレークです。
ご飯にとろける馬肉に感動し、もう一カップほしくなりました。
お口直し
バニラビーンズたっぷりのアイスクリームをいただきました。
食後の別腹まで嬉しい内容でした。
普段六本木でお食事をするとしたらカジュアルなお店に行く機会が多いですが、
たまには、お洒落してこういったお店でお食事をするのも
自分磨きの勉強になって良いなと思いました。
六本木 雰囲気良しの 九州料理 ~姫心の俳句より~
お店の詳細は、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.