画像: 今年もかき氷100種類食べるぞ!2015 no.62

今年もかき氷100種類食べるぞ!2015 no.62

氷活っ!( ̄▽ ̄)
SweetS茶茶...65店舗目
天然氷 練乳いちご
...114種類目
いやー、ほんとびっくりした!ここは南アルプス 八ヶ岳の天然氷を使っていて、今までこの氷を使っているかき氷を食べて美味しいと思った事がなかったから、きっとここも同じだろうと思っていた。以前に友だちとたまたま店の前を通りかかったので『かき氷でも食べてくか?』って誘われたから(あー...八ヶ岳かぁ...)なんて、ノリ気じゃなく入って、一口だけもらって食べた事はあって、その時はやはりそんなに感動はありませんでした。
でも、先日Twitterでお店の方から『美味しいので是非来てください!』とお声がけ頂いたので、それならまた行ってみよう...と早速足を運びました。(しかし、こんな渋谷の良い場所でビル1棟借りてかき氷や和菓子など単価の低い飲食店でやっていけるもんなんだな~と余計な事に感心しながらもお目当てのかき氷を待った。)
機械も立派な物だし、氷はちゃんと常温に戻して良い汗をかいた状態で丁寧に削っており、以前に一口だけ食べた時とはどうやら状況は違っている様子...器こそプラッティックだが、実はその方が溶けにくかったりするのでむしろ相乗効果かなと。
苺の果肉がゴロッと見える自家製シロップを雪肌にたっぷりとまとって目の前にやってきました!おー!削りも美しいサクサク樹氷系の好きなパターンや!早速スプーン入刀しひと口パクリ
うんめ~ぇ~っ
なんなんだ?!物凄くうまいぞ!これは。まずうっすらミルクをまとった天然氷がサクサクで、とろ~りなめらかなイチゴシロップを絡めて口に入れると柔らかく...優しく...氷をコーティングして、ほぼ同時に溶けて口の中に広がり、ミルキッシュで程よい甘酸っぱさが合わさり極上ないちごみるくを頬張っているような...なんだろ?かき氷を食べている感覚より、ケーキとかアイスクリームを食べてる感覚に近いような?そんな深い味わいです。
しかも今までの経験上、八ヶ岳 天然氷にありがちだった、あのギシギシした食感が嫌なのと、あとは底の方で溶けてきた時の感じ?氷の結晶同士がくっつき合って凝固してしまい、溶け出した水とシロップとミルクがそれぞれ分離して最悪な(かき氷としてでなく水分としても最後まで飲みきれない)状態...これが、この天然氷の欠点だと思っていました。
がしかし!ここのはそれがない?!んー?まてよ?てことは、氷自体の欠点ではないって?じゃあ今まで食べたのは何だったんだー!...なぁーんて言ってても仕方ないので、SweetS茶茶さんのかき氷が素晴らしいんだ!と納得する事にしました。あと、八ヶ岳の氷職人の皆さん!本当にごめんなさい。氷自体の欠点ではなく、提供する側の技術の問題なんだな...という事に気がつきました。m(._.)m 申し訳ない
ホント、最後のひとさじまで溶けずに美味しくいただきました!いやー、やっぱりひと口だけでそのお店の良し悪しを測ってはダメだな!と猛省。
ひとつ物申したいのが、どこかのかき氷マニアが『南アルプス 八ヶ岳 天然氷は硬水で出来てるからふわふわなかき氷は作れないんだよー。』とか言ってたのを見かけたが、調べたら全然硬水じゃないし!ちゃんとかき氷にも適した軟水でしたよ!というかシロップをかけた時点で氷として軟水も硬水もないので、要は削る前の氷の状態と削りの技術が一番大事なんだって事です!それを強く感じた瞬間でした。
マンゴーミルクも食べてみたいからまた行こうーっと!あ、皆さん!ここのかき氷は『かき氷マニア・あまいけいきオススメ印』ですよー

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.