画像: カレーですよ2160(稲毛 カレーレストラン シバ)ダールバート。

カレーですよ2160(稲毛 カレーレストラン シバ)ダールバート。

久しぶりの稲毛です。
いいレストランがありますよ。
リニューアルになって始めての訪問です。
カレーですよ。
ボクが千葉三大カレーとして思い出すのは船橋の大神宮前と検見川、そして稲毛の3つの駅。海沿いに3店のボクの好きなお店があります。
この日は稲毛に行ってみようと思ったんです。Facebookで店主のおもしろ写真を見て、こりゃあ あの写真の話しを聞かねばと俄然行きたくなったのがひとつ。それと最近店内のリニューアルがあってきれいになった店内をのぞいてみたい、というのもひとつ。さて、でかけましょう。
「カレーレストラン シバ」
はJR総武線の稲駅の駅前にあります。
千葉からも近く使い出のいい場所なんですよ。
おみせ、なにかすっきりして明るくなった印象です。でもいままでのイメージもちゃんと踏襲されていてほっとした感もあって。
おっ!柴崎さんいた。にこにこ挨拶してくれた。お元気そうです。
いつも「LOVE INDIA」でお会いするにいさんにも会えました。やあ、うれしい。
「ダールバート」
を頼みました。
うまいんだよね、シバのお料理。
カレーはマトンカレーと高菜のドライタイプのサーグというものを選びました。シバはおもしろいカレー、あります。
ランチどき、どんどん席が埋まってお客さんが増えていきます。でもがちゃがちゃする雰囲気にならないんだよね、このお店は。そういうところもボクがこのお店を好きな理由かもしれません。
さて、やってきたダールバート。
メニューに「食べ方」なんてのも載っていて親切です。そうそう、あけちゃいましょう、まぜちゃいましょう。
大きなお盆に大きな器がいくつかのってやってきますが、まずは器をお盆の外に出してあげてごはんにみんなかけちゃいましょう。
それで、それぞれのカレーやおかずを好みに混ぜていけばいいわけです。カレー、たっぷり入っていてうれしいねえ。
食べ方、混ぜ方なのだと思うんですけれど、マトンカレーが大変辛く仕上げてあって、そしておいしい。素晴らしい美味しさです。
混ぜてグイグイ食べ進むのだけれど、あまりに美味しくてちょっと最後にマトンカレーだけガーッと行こうと決めました。少し多めに手付かずにしておいて、ちょっとはじにのけて。ね、楽しいでしょ、こういう感じで自分の好きにできるんです。
高菜のドライタイプサーグというのかしら、これ。
ハッとしたのは味の素朴さ。これがちゃんと手をかけてあるのがわかってなおかつ素朴な味わいで。いいなあ、これ。こういう味だから混ぜると輝くよねえ。
味の幅の楽しさと組み合わせで変わるめくるめく体験。楽しい!楽しい!
さて、マトンカレー。ご飯だけに合わせて食べるといや辛いのなんの。さっきまでダールバートとして他と混ぜて食べていた時はちょい辛だったのに今は口の中で嵐が猛り狂う感じでこれがまた楽しい。うーん、混ぜて食べるのは楽しい。別々で試すのも楽しい。いいなあ。
すっかり堪能させてもらって、ひと汗かいてぼーっとしていたら柴崎さんからいただきもの。おや!おいしいデザート。うれしいなあ。
帰り際、ランチタイムで忙しいっていうのに柴崎さんとちょいと話し込んでしまいました。うれしかったんだけど、すみません、お忙しいところ。お客さんの少ない時間帯狙いでまた早々に来なくっちゃ。
引っ越しをして東京の千葉寄りの側になったから、気楽に足を運べるようになったからね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
活動内容等の各種Linkはこちら
http://about.me/hapi3
ご連絡、お仕事のご用命等は
iizka3@gmail.com (@を小文字にて)
Youtubeチャンネル
http://www.youtube.com/user/iizka3
いつもんログ
http://hapi3s.blogspot.jp/
http://tabearuking.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

rdsig.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.