画像: 「韓国料理アレンモク」でサムギョプサルや豚足を味わう@上野

「韓国料理アレンモク」でサムギョプサルや豚足を味わう@上野

どうも!
激辛好きの姫です。
先日、上野予定があったので、近くの韓国料理店で夕飯を食べました。
おかず
まずは、韓国料理店ならではの複数あるお通しです。
内容は、きんぴらの蓮根、キュウリの漬物、甘辛くした厚揚げ、そして次のお料理のタレでした。
激辛チヂミ(小)
早速ですが、激辛チヂミをチョイス!
葱、人参、玉葱、そして青唐辛子がたっぷり入ってます。
小麦粉ベースの薄焼きだから食べやすくてピリリとした辛さが後を引きます。
シークワーサーサワー
酸味が強いものが飲みたくなり、こちらをチョイス!
冷えていて爽快です。
豚足
コラーゲン料理のリストに載っており、肌に良さげだと思い、即オーダー!
通常の形状の豚足“テジチョッパル”だけでなく、
お肉部分のみを叉焼のように丸めたものをたくさんスライスしてました。
醤油などで漬けこんでいるから表面はその味で中心から豚の旨味が広がってきます。
もちっとした食感とこりっとした歯ごたえ両方を一皿で楽しめました。
サムギョプサル(ニンニク、青唐辛子、サンチュ、えごまの葉、味噌、ねぎサラダ付)
サムギョプサルの鉄板といえば、
斜めになっていて豚の脂をキムチの土手や野菜に染み込ませるタイプをよく見ますが、
こちらのは、
真ん中に穴が開いてて、
豚の脂がそこから落ち火にあたらず底の抜け道からコンロ外に流れていく仕組みでした。
キムチとニンニクは、それぞれ容器に入っていて個別で焼き上げていくのです。
厚みがあるお肉を食べやすくカットし、
味噌、キムチ、ニンニクと共に、えごまの葉やサンチュに包んでいただきました。
ニンニクの香りで食欲が増しながら、味噌のコク、キムチの酸味と豚肉の旨味、葉野菜の苦味、
どれも主張しているようでまとまりがありました。
お腹は満たされど、野菜が多くてヘルシーな見た目からついつい欲張って食べ過ぎてしまうのでした。
韓国旅行から仕事モードに戻って数日が経ち、ここに来てまた旅行気分を味わえました。
韓国から 上野へ続く 旅の思い出 ~姫心の俳句より~
お店の詳細は、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.