画像: ジョンティアッシュ

ジョンティアッシュ

こんにちは。お盆あけ。みなさまいかがお過ごしですか?私は週末は京都へ。短い滞在でしたが、名古屋に立ち寄り念願のお店でランチをしたり、川床料理を味わったりと夏の良い思い出になりました。さて、その前のことになりますが......白金台のフレンチレストラン『ジョンティ アッシュ』で久しぶりにディナーでした。さっそく乾杯!Champagne Pernet & Pernet プレゼントでいただいたシャンパーニュペルネ&ペルネを持ち込ませていただきました。ブラン・ド・ブランと言っても、爽快さに加え、骨格とふくらみがしっかり感じられる複雑な味わいです。アミューズ ハモンセラーノ&白レバーのグジェール、そして清涼感と心地よい甘味に満ちたトウモロコシのヴルーテを。フレッシュな甘味が凝縮されていてとまらなくなるおいしさ。 香ばしい焼きナスのムースリーヌと北海道産生雲丹、そしてコンソメジュレが層になった一品。進藤シェフのナスとウニのコラボレーションには、いつもハッとさせられます。 そしてお次は......鮎のお料理。鮎が食べたい!というワガママなリクエストに応えてくださいました。 四万十川の鮎のブランシャ焼きは、胡瓜のピューレと完熟トマトのエスプーマに彩られて供されます。香ばしさと清々しさがあいまった、季節感あふれる一品でした。2013 Domaine Millet Sancerre そしてワインも清涼感抜群の一杯を。ドメーヌ・ミレのサンセールをご提案いただきました。洗練されたミネラルと酸が、鮎の繊細な涼味にキレイに寄り添います。そして、お次はフォアグラ^^ ハイビスカスのガストリックの甘酸っぱさがフォアグラのリッチな味わいを引き立てます。リュバーブのタルトも美味^^そして合わせていただいたワインは...... バルサックを代表するシャトーのひとつ、シャトー・クーテの貴腐ワインです。エレガントな甘味でスッと料理になじむような、柔らかさが感じられます。そしてお魚料理へ モンサンミッシェル産ムール貝の魚介の旨みがたっぷり詰まったソースでいただくカサゴのポアレです。 そして、合わせた白ワインは2種類。ジョンティアッシュの楽しみのひとつが、一つの料理に2種のワインを少しずつマリアージュさせてくれるという「ダブルワインペアリング」 王道ブルゴーニュはマルク・モレのシャサーニュモンラッシェのプルミエ、レ・ベルガード。そしてもう一種はイタリア。カンテが造るエクストロという、澱がはいって若干ニゴリもみられるマニアックなワインをご提案いただきました。全く対極にあるワインなのに......シャ ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.