歌舞伎町だけどピンサロじゃないよ、ピンサ!!(笑) 「Trattoria Pizzeria Bar KaBrio(トラットリア ピッツェリア バール カブリオ)」が8月11日、歌舞伎町にオープン

「Pinsa(ピンサ)」とは古代ローマを起源としたピッツァの原点と呼ばれるメニュー。大豆の粉や米粉、小麦粉をブレンドしたオリジナルの生地を楕円形の伸ばして石釜で焼き上げる、新食感ピッツァ。ナポリピッツァに比べ、軽く消化に良く、ヘルシーなのが特徴だそう。ローマには、予約が取れないピンサ専門店もあるほど流行っているそう。カブリオではイタリア人ピッツァイォーロのマリオ(チャンチェーロ・マリアーノ)が現地同様のレシピで石窯で焼き上げる。

画像: これが「Pinsa(ピンサ)」。具材を特注しました(アフカミータとサルシッチャ、マッシュルーム)

これが「Pinsa(ピンサ)」。具材を特注しました(アフカミータとサルシッチャ、マッシュルーム)

画像: 生ハム、マッシュルーム、ルッコラのPinsa

生ハム、マッシュルーム、ルッコラのPinsa

イタリアンらしい料理も充実

ピンサの他にナポリピッツァやブカティーニの「アマトリチャーナ」や牛肉の「タリアータ」など、イタリアンらしいメニューも大充実。イタリア産のクラフトビールやワインでカジュアルに楽しめる。

画像1: イタリアンらしい料理も充実

画像2: イタリアンらしい料理も充実

画像3: イタリアンらしい料理も充実

イタリア・シチリア州パレルモ出身、現地の5ツ星ホテルのレストランやリストランテ等で、シェフ、ピッツァイオーロとして修行したマリオが焼く、本格ピッツァが歌舞伎町で食べられるのはウレシイかぎり。だって歌舞伎町って、料理は大人が楽しむには微妙な店が多かったでしょ(笑)

画像4: イタリアンらしい料理も充実

This article is a sponsored article by
''.