三輪山勝製麺の吉野葛入り手延べそうめん「一筋縄」~おすすめ素麺ベスト3

おはようございます!今日も猛暑となりそうな東京です。
先日、テレビのバラエティ番組で紹介されていた「三輪山勝製麺」★のお素麺。そのこだわりを見てすぐ検索してその場で取り寄せました!製麺時、くっつかないように油を使うため、カロリーが高くて酸化しやすいお素麺・・・家族のリクエストで常備しているものの、麺好きの割に私自身はそう興味がない食品です。けれど、すぐに茹で上がりさらさらと食べられるので夏にはやっぱり重宝しますよね。
今まで色々取り寄せたりデパートなどで買ったりしましたが、芸術的な細さの三輪そうめん山本の「白髪」と、しっかりとしたコシが身上のとなみ野農協の「大門素麺が特色があるという点で二傑でした。そこに今回コレが加わって・・・「一度は食べたい素麺ベスト3」としたいと思います☆
半生そうめんなんていう珍しいものも。日持ちは3か月近くありますが、スタンダードなものに比べやや太めです。いずれも大門素麺ほどではないけれどコシが強く食べごたえあり。製法は、なんと油を使わず吉野葛を使っています。油を使わないぶん、普通のお素麺よりやや太めですが、これは素晴らしい技術ですね。
茹でかたにもちょっとコツがあり差し水をしません。そして灰汁をとるがごとく、浮いてくる泡をすくいとります。テレビではこのお素麺を実際に作っている職人さんが出演されていたのですが、よくありがちな「氷水の器に盛る」のはNGだそう。こんな風に氷水を切って、盛り付けるのがおすすめなのだとか。ごまだれに茗荷などいろんな薬味でいただきました。
でもわが家では冷たい張りだしでいただくのも好き。桂の中村軒で食べてから、家でも作るようになったメニューです。そのまま飲める美味しいおだしがポイント。ゴーヤのおひたしを添えて、夏の朝やお昼に。
ゴーヤはタテに切り、種とワタをとって輪切りに。ゆでたり水にさらしたり塩したりせず、そのまま甘酢とかつお節で合えます。さらにかつお節をたっぷり乗せて。この食べ方が一番美味でカンタン!しかも栄養価を損なわずたっぷり食べられます。わが家では「甘露千鳥」を使っていますが、甘酢は手作りしてもいいし何でもOK!甘めのほうが美味しいです。お試しあれ☆

ameblo.jp
画像: 三輪山勝製麺の吉野葛入り手延べそうめん「一筋縄」~おすすめ素麺ベスト3

This article is a sponsored article by
''.