画像: 浅草/炭火焼鳥「ちゃこーる」

浅草/炭火焼鳥「ちゃこーる」

秋葉原「ちゃばら」のKURAMOTO STANDにて一杯飲んでつまんで、氷。今日は酒粕を乳酸発酵させたという「さかすけ」にしましたが、お味はそう酒粕と変わらない感じ。こちらはお酒はついてきません。仕込水が美味しくて、クーラーがききすぎで寒いのについつい飲んでしまいます。
早めに仕事が終わった主人と、前から行きたい、行かねば!と思っていたお店へ予約を入れることに。開店の18時までちゃばらで時間つぶし。たくさんの美味しいものがあふれているちゃばらは、時間つぶしに最適。ここからつくばEXで浅草までふた駅なんですよネ。
場所を勘違いしていて歩くはめになってしまい、氷でせっかく冷えたカラダもあっという間に汗だくに・・・ワンメーターでもこんな猛暑ではタクシーに乗ればよかった(><)疲れ始めた頃、ようやく到着。飲食店はポツポツとしか見えない、そんな住宅街の中に「ちゃこーる」はありました。
まだ真新しい店内。ちょっとがらんとしていますが狭苦しいよりは良いでしょう。
この店は田原町にかつてあった「萬鳥」で焼き手だった女性が独立したお店。萬鳥は新丸ビルにも入っていますが、浅草のほうが断然雰囲気がよく、彼に教えてもらってから私もよくひとりでいっていた店でした。ワインと焼鳥ならココ!それもただの焼鳥じゃなくてうずらとか、鴨とかそういうのが食べたいときには絶対ってね。
サラダなどの野菜メニューがあまりないのが残念だけど、焼き野菜は種類が色々あるようです。お通しはなし。この茄子のおひたしはとても美味しく手をかけた一品。すごくリーズナブルな店なのでこのくらい、お通しで出してしまってもいいのになーともったいなく思いました。
スープは塩気が強くないので、塩気のある焼鳥といバランス。量も可愛い。それにしてもこのお店・・・食べログではご近所のTOMITさんおひとりしかレビューしていないって・・・どういうこと?ホントにいいお店なのに!!
きわ、つなぎなど珍しいメニューから頼んでいきます。皮も砂肝も丁寧な仕事でとても食べやすい!あのときの味だね・・・と再会に感動。
レバーの焼き加減最高。うずらとバルバリー鴨も、言うに及ばず。
鴨に添えられていた生黒こしょうの塩漬けは初めての味。これは探して取り寄せたい!
→今探したらありました♡>生アンコールペッパー というみたい。コレ書いたら注文するワ笑
萬鳥でいただいてからわが家のメニューにも取り入れた谷中生姜の豚バラ巻。最近はつくねで巻いてますがこれはこれでやっぱり美味。食べごたえあるソリレスでおしまい!
気さくなサービスの方(マスター?)にすすめていただいた赤ワインが夏の焼鳥にまさにピッタリで、とっても良い感じ。これでお会計がまたビックリするほどお安くて・・・もちろん場所はちょっと不便だけど、気候がよければ歩くのも楽しい場所。裏観音、という地域だそうです。浅草からだと雷5656会館からの風情ある道を通っていくのもよいものです。
相当レベルが高いのに、この日は早いせいもあったのか貸切・・・こんないい店なのにもったいない!!!
今度はもっと野菜も食べたいなと思います。わが家からだとタクシーでワンメーター超える位。来週にはさらにこの奥の吉原近くのお店を予約しています♥ちょっとドキドキ・・・DEEP浅草、ワンダーランド浅草、大好きです!!

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.