gozzo

こんにちは。あっという間に月曜日。週末はいかがお過ごしでしたか?私は女子会続きの華やかな週末となりました。そして女子会第一弾は......きになっていた恵比寿の『gozzo(ゴッツォ)』というレストランにて開催! アジアベストレストラン50でも常にランクインしている『TAKAZAWA』の高澤シェフとタッグを組み......旬食材を日本の息吹を感じさせる調理法で仕上げるという、独自の『風土料理』を提案しているお店です。 テーブルにはかわいらしい向日葵が一輪飾られていて、さらにテンションがアップ!2004 Egly Ouriet Brut Grand Cru まずはオススメいただいたエグリ・ウーリエのミレジム2004年で乾杯! ピノ・ノワールのふくよかさや骨格が、熟成の旨みや複雑味とともに広がるきわめて上質なシャンパーニュ。お通しは炭をまぶしたマッシュルームのフライと色鮮やかなカプレーゼ。シャンパーニュのブリオッシュのような香ばしさにマッシュルームが、クリーミーでなめらかな口当たりにカプレーゼが調和します。 こだわりのパンは桜塩とオリーブオイルで。雲丹のフランは甘海老がほんのり香り、ツルンと爽快ながら濃厚な余韻が残ります。ナスが大好きな私たち、瑞々しいナス料理は2種のアレンジでいただきました。 左はディルと合わせてさっぱり仕上げた水茄子のサラダ、フレッシュな食感と梅の風味があいまってどこまでも爽快な一品です。右はドライトマトと茄子をミルフィーユのように層にして重ね合わせたオリジナリティある一皿です。2012 Christian Moreau Chablis Grand Cru Les Clos さて、白ワインはクリスチャン・モローのシャブリグラン・クリュを。シャブリらしい酸とミネラル感に加え、しっかり凝縮した果実味も持ち合わせていて、心地よく味わい深い一本です。合わせたのは......鱧の天ぷら こちら、なんと白ワインベースの天つゆでいただきます。サッパリした生姜のグラニテをおろしがわりに加えて......。鱧の繊細な風味がしっかりひきたてられていて、シャブリの柑橘のニュアンスとも相性抜群でした。2007 Chateau Marojallia Margaux さて、赤ワインはマルゴー村では珍しいガレージワインとして注目されたマロジャリアを。ヴァランドローのオーナーがメド ...

ameblo.jp
画像: gozzo

This article is a sponsored article by
''.