ビストロ「モルソー/目黒」★アランデュカス氏もお褒めになる秋元シェフ〜肉食女子博にも出店★

「肉食女子博」でもご一緒する事になった「モルソー」 秋元さくらシェフ。
気取らず、さり気なさが魅力のシェフ。急接近できて嬉しい、大好きなシェフのお一人です。
最初は、お店「モルソー」でお会いしました。
お会いしてすぐ、シェフのお人柄とお料理に魅了され・・・
お料理もシェフのお人柄のような「さり気なさ」がいい!
目黒駅から徒歩5分弱。モルソーの店内。
カウンター席が厨房をぐるっと一周。
奥の端は、ほぼキッチンの裏側が見えるほど。
「どーぞ。キッチンは、どこから見られても大丈夫です~」
と、言われているような。(実際には言われてません)
それは「シェフの自信のあらわれ」というより、もっと和める雰囲気。
さくらさん家のキッチンに座った、的な、温かみがあります
私がいいなと思ったお料理
●モルソー畑の彩り有機野菜サラダ
さり気ない、何気ない一皿に見えるでしょ?
でも、技が光ってる。野菜への思いも伝わってくる
濃い野菜、濃いハーブとスパイスのドレッシング。
お皿の端に、ツナペーストが、ちょこん。
「ここで、この量のツナが!」
・・・この感性ってありそうで少ないかも。
オリーブでは弱く、ポークだとクドい。
普通にツナを添えたら「ツナサラダ」
それじゃ、日本のご近所さん的サラダだ。
フランスパンにツナペーストつけて出すのも、何となく違う。
あくまで、この量、ちょこん。
これが、有機野菜のパンチを引き上げてた。
で、食べ進んだら、クミンがぷちぷち香って、
あれ?柑橘の酸味もしてきたよ、青い薫りはエンドウ豆?
と、食べすすむ。
実は、このサラダは「名前」で注文しました。
「モルソー畑の彩り有機野菜サラダ」・・・( 7番目)
私は最初に来たお店では、店名やシェフの名がついたメニューをよく頼む。
思い入れがあるんだろうなって思うから。
だからこれも、実際にはそんな名の畑はなくて、
シェフの畑への敬意や野菜への愛がこもってるんだろうなって思った。
ズバリ、正解。
モルソー畑で獲れた野菜たちは、
秋元シェフのおかげでとてもおいしかった。
「おいしいものが好きな、食いしん坊さんが作る、幸せな味」 になってた。
●フランス大使館で再会。
この日は9月から始まる「フランスレストランウィーク」発表会でした。
会場に着いたら、秋元シェフが! 嬉しかった~。
しかも、秋元シェフのお席はアランデュカス氏のお隣で・・
とてもご活躍されていました。
秋元シェフが作ったレセプション会場でのお料理。
華やかな仕上がりで、丁寧でおいしい。
アランデュカス氏もとてもお褒めになっていたようです。
「ここでお会いできて嬉しい~」って
この日もお話ししていたのですが、、、
そんな、素敵な秋元シェフと
今回、肉食女子博でご一緒できることになりました。
★肉食女子博 公式Facebook
https://www.facebook.com/nikusyokufest?fref=ts
秋元シェフが、女子の為に作ってくださるお肉料理
今からすでに楽しみです。
詳細がわかったら、またご案内しますね。

ameblo.jp
画像: ビストロ「モルソー/目黒」★アランデュカス氏もお褒めになる秋元シェフ〜肉食女子博にも出店★

This article is a sponsored article by
''.