画像: シェ・アンドレ・ドゥ・サクレクール(CHEZ ANDRE DU SACRE-COEUR)人形町

シェ・アンドレ・ドゥ・サクレクール(CHEZ ANDRE DU SACRE-COEUR)人形町

どうも!
女子会ばかりしている姫です。
先日、赤ちゃん連れの友と会うことになり、
ベビーカーでの入店OKのお店を見つけて、行ってまいりました。
入店したら、
既にファミリーでいらしている方やお一人でいらしたフランス人の常連さんなどで、
席がいっぱいでした。
予約しておいて正解でした!
雰囲気は、パリ・モンマルトルにあるような親しみやすいカフェやビストロのようでした。
メニューは、すべてアラカルト。
友人と協議して、好きなものをシェアすることにしました。
パテ ド カンパーニュ
ビストロメニューの定番といえば、こちら!
豚の脂身好きの姫好みの柔らかさです。
この一皿で、「また来たい!」と思えました♪
グラス シャンパン
この日は、そんなに飲まないから1杯を奮発してシャンパンにしました♪
ちなみにシャンパンは1杯1400円で、
ハウスワインのボトル(赤、白)は、各3200円です。
大勢の時は、ハウスワインで和気藹々と楽しむのも良いかもしれません。
記念写真
再会を祝してハイ、ポーズ♪
お子様もニコニコしていたけれど、ここではお顔を非公開にしておきます☆
イワシのマリネ
ピンクペッパーとマスタードのパンチも加わり、
鰯特有の生臭みがなく良い酢加減です。
カブとセロリのピクルスまで添えられていて、
ビネガー使いの上手さを感じました。
ムール貝のエスカルゴバターソース
ムール貝にはニンニクが効いたソースでいただきました。
下のマッシュポテトにもこのソースとの相性が良かったです。
パン
もともと各テーブルに供されるこちらのパンは、
バターをつけて食べるのも良いのですが、
ソースにつけるとパンにしみこんでアリでした!
マグレ ド カナールロッシーニ風(鴨胸肉のロースト フォアグラ添え)
フォアグラに牛ではなく鴨でロッシーニのように重ねていました。
とりわけやすい厚みでした。
クレームカラメル
ゆるすぎず硬すぎず適度な舌触りのフランス風プリンでした。
ファーブルトン
フランス・ブルターニュ地方の伝統菓子で、
リンゴの栽培がさかんな地域だからリンゴを使って仕上げてました。
もっちりした生地とシャクッとしたリンゴの食感両方楽しめました。
姫は独身だけれど、周りに子供がいる友達が多いから、
よく「子連れOKのお店でオススメある?」って聞かれるのです。
聞くってことは、大手チェーンの有名店は知っているでしょうし、
ホテルやレストランで個室料金取るようなお店なら、
お子様連れOKのレストランがあったりするのですが、
もっと気軽に入れるお店を聞かれると、なかなか候補を出すのが難しいものです。
このように入りやすく、幅広い層が笑顔でいられるお店がここにもあったと知り、
とても嬉しいです。
営業時間が20時30分(L.O.20時)と、クローズが早いので、残業帰りに寄れないのは、
惜しいですが、
お子様連れの方にとっては、居心地の良さに時間を忘れて長居して帰りが遅くなるより、
きっかり解散できるから良いのだと思えました。
しかも、通しで営業しているから、スタッフが遅くまで働くと大変だという気遣いも感じられ、
アットホームな経営の様子まで垣間見れました。
人形町 人情溢れる カジュアルフレンチ ~姫心の俳句より~
お店の詳細は、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.