而今&七本鎗Collaboration Dinner@レフェルヴェソンス

こんにちは。少し前のことになりますが......『而今』で知られる三重県の木屋正酒造さん、そして『七本鎗』で知られる滋賀県の冨田酒造さんを迎えたメーカーズディナーに参加してきました。会場は、今最も勢いのあるフレンチレストランのひとつである『レフェルヴェソンス』オープン時に取材をさせていただいたこともある私にとってはとても想い入れのある店舗です。改装前に伺いたかったので、良かった!さて、今回のディナーでは気鋭の蔵元の銘酒とこの日のためにご用意いただいた特別コースとの興味深いマリアージュを体験しました。 ちょっとご紹介しますね。とうもろこし、しじみ、雲丹、エストラゴントマトを2口で×而今 特別純米 2014 軽やかな口当たりのアミューズには、清らかな而今の特別純米を。火入れしているのですが、まるで生酒のようなフレッシュさを感じます。上り鰹の藁焼きと月山筍、モリーユ茸、大葉のソースとその花×七本鎗 純米吟醸 生酒丸ごと火入れした蕪とイタリアンパセリのエミュルションバスク黒豚のジャンボンセック&ブリオッシュ×而今 純米吟醸 八反錦 昆布で〆て旨みを乗せた鰹には、滋賀の酒米、玉栄(たまさかえ)を使った、生酒ながらも味わい深い七本鎗の純米吟醸を。そして同店のスペシャリテでもある『定点』の蕪にはパイナップルのような華やかな香りを特徴とする八反錦という酒米を使った、而今の純米吟醸を。バランス良く仄かにミネラリー。食事になじみます。生き生きと焼いた鮎をそのコンソメと、肝の苦みのガストリックと水ナス、茗荷と山椒×七本鎗 純米 無農薬米 無有(むう) ×而今 純米吟醸 千本錦 そしていよいよお待ちかねの鮎が登場。頭の部分は素揚げにして。身はパリッと香ばしく仕上げた部分とオーブン焼きにした部分があり、一匹の鮎に3つの調理法が施されています。よって、お酒も二種類。香ばしい部分には、柔らかい旨みのある精米歩合60%の七本鎗を。滋賀県酸の農薬不使用米のみを使っているというこだわりの逸品です。そして柔らかくオーブン焼きされた身の部分 ...

ameblo.jp
画像: 而今&七本鎗Collaboration Dinner@レフェルヴェソンス

This article is a sponsored article by
''.